日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    性加害報道


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,109 語) - 2024年2月23日 (金) 00:36

    (出典 www.cyzo.com)


    果たしてどうなるのか・・・

    1 ネギうどん ★ :2024/02/25(日) 09:43:47.74 ID:agDMlpLK9
     元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が、24日、自身のユーチューブチャンネル「時事砲談TV」を更新。ダウンタウン松本人志vs週刊文春の民事訴訟について私見を述べた。
     
     週刊文春は昨年末、松本人志に関する女性問題を報道。松本は文春を発行する文藝春秋を相手取り、5億5000万円の損害賠償を求めて提訴している。これを受け22日発売の文春では、松本から今月15日に送られてきた訴状を特集していた。

     この特集記事について、東国原氏は「文春はもう真実相当性(裏付け取材をどれほど行ったか)にポイントを絞ったなという感じがしております」と切り出した。

    「文春側はこういう名誉棄損裁判など慣れてますから戦い方を知ってますし、軍資金も相当あるでしょう。弁護団も抱えてます」と指摘したうえで「相当準備してこの記事を書いていると思われます。名誉毀損裁判では、何回も言いますけど、松本氏側はちょっと厳しいのかな」と私見を述べた。

     一方、松本側はパーティーの有無や性行為の有無を争点とせず、性的行為の強要については「客観的証拠はない」としていることから、行為を強要したかどうかの1点に焦点を絞って争うのではないかと見解を示し、「強要したというレッテルを記事によって貼られると社会的評価を著しく低下させ、精神的な負担も甚大である。それに対する損害賠償請求」と流れを読んだ。

     松本側の訴状が13ページであることについても「普通は50ページ以上にはなるんですね。こういう裁判の場合で13ページというのは非常に薄いという感じ」と指摘。続けて「(戦略として)具体的なことが言わずに、証明していく文春側のミスを狙っているのではないかという見方もあるんですけど、やっぱり真実相当性、あるいは公益性公共性には文春側に分がありますね。(その点では)松本氏側からしたら『やられたな』っていう感じですよ」と分析した。

    東スポWEB
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2f213ef0c0123f9218349186ff3b01faae4f398


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,109 語) - 2024年2月23日 (金) 00:36

    (出典 www.cyzo.com)


    どこまで深くみていくのか

    1 数の子 ★ :2024/02/23(金) 08:27:22.30 ID:xHm3KylF9
    弁護士の嵩原安三郎氏が22日、読売テレビ「ミヤネ屋」に出演し、ダウンタウン松本人志が週刊文春の性加害報道に関して訴えた件で自身の考えを示した。

     松本側は文春報道に「客観的証拠がない」などと主張して名誉毀損による損害賠償を請求しているが、同誌は本日発売の誌面で「客観的証拠は吟味した」と反論。その一部として、一連の報道のきっかけとなった松本から性加害を受けたと主張するA子さんの証言内容の調査などを報告した。

     文春が主張したのは「A子さんは松本さんの私的に使用する携帯電話の番号を知っていた」「現場となったホテルの部屋を事前情報なしで間取りを描いてもらうとともに実況見分をした」「スピードワゴン小沢や放送作家ら飲み会に参加したメンバーと松本との関係性も調査し、証言の信ぴょう性を確認した」などの内容。これについて嵩原弁護士は「正直、裏付け証拠がこれだけのわけがないと思っています。もしこれだけなら問題です」と私見を述べた。

     「裁判はけっこう細かく分析するんです」と前置きした嵩原弁護士は、文春が報道した反論について具体的に解説。「例えば部屋の間取りについて。これでわかるのはこの部屋の間取りをA子さんは知っているということだけです。携帯についても、松本さんと直接会った、もしくは松本さんの携帯を知っている人をA子さんは知っているということが分かったということ」と指摘した。

     ただ、これらの積み重ねによって「A子さんが松本さんとホテルでのパーティーで一緒にいたということは認定される可能性はあります。問題はその後。性行為があったのか強制があったのか。これらの反論はその入り口にすぎない」と語った。そのうえで「まさかこれだけでA子さんが正しいと言ってるわけはない。この後、出てこないとおかしい。文春にも“これで性行為や強制があったことを認定した”というものが何かあると思います。第何弾とかもあるのではないのでしょうか?」と推察した。

     争点になる可能性がある「客観的証拠」について、嵩原弁護士は「映像、写真、音声など人の主観が入り込まず変化することがないもの。人の記憶は曖昧で変化する可能性があるので、供述や証言は客観的証拠にはならない」と定義。ただ、かなりの年月が経っており、また密室の出来事のため客観的証拠を提出できる可能性が低い場合も考えられる。その点について「何より一番大きいのは女性の証言です。松本さんの代理人からあれこれ言われるわけですが、それを乗り切れるかどうか。そこが裁判で一番大きいと思います」と話していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/22/kiji/20240222s00041000416000c.html

    前スレ
    松本人志への文春反論記事 嵩原安三郎弁護士「裏付け証拠これだけなら問題。第何弾あるのでは?」 [数の子★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708594356/

    【松本人志に対する文春反論記事は強いのか・・・「裏付け証拠これだけなら問題。」】の続きを読む


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格となり(こ…
    52キロバイト (5,346 語) - 2024年2月20日 (火) 08:30
    ひとつ嘘つくと他のことも嘘だとおもわれてしまいますね

    1 シャチ ★ :2024/02/20(火) 15:58:44.20 ID:KpNhWWMA9
    2/20(火) 15:39配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/26098b8e7bc278af1b7e16b7cf94776fb17d801b

     「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が20日、X(旧ツイッター)を更新。性加害疑惑で刑事告訴されているサッカー日本代表FW伊東純也(30=スタッド・ランス)と代理人弁護士らが、大阪地裁に相手側女性2人に対し、大阪地裁に民事訴訟を行ったことについてコメントした。

     19日午前11時半過ぎに、伊東の代理人を務める加藤博太郎弁護士らが提出した訴状が受理された。伊東選手に関わる金額は2億円、トレーナーに関わるものが243万3131円という。加藤氏は2月初旬に民事訴訟の意向を示しながら提訴まで時間を要したことについては「先方が提出した告訴状の女性の住所が偽物というか、そこに住んでいなかった。住民票も取れなかった。その調査のために時間を要してしまった」と補足した。

     このことを受け、三崎氏は「伊東純也選手が約2億円の損害賠償請求を提訴した」と切りだし「提訴までに時間かかった理由が、相手女性の住所が実は偽物だったって、そこから全く信憑性ないじゃん」と指摘。「関係者によると、新潮社も旗色が悪くなったからなのか、続報を出すことをやめたらしい。これ誤報でしたで済む話じゃないからな」とつづった。


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格となり(こ…
    50キロバイト (5,061 語) - 2024年2月19日 (月) 05:11

    (出典 sakanowa.jp)


    風向き変わってきましたかね

    1 ひかり ★ :2024/02/19(月) 20:47:00.63 ID:LQ6UT8Qz9
     性加害疑惑で刑事告訴されているサッカー日本代表FW伊東純也(30=スタッド・ランス)の代理人を務める加藤博太郎弁護士らが19日、大阪地裁に相手側女性2人に対する民事訴訟を行った。提出された訴状は午前11時半過ぎに受理された。損害賠償請求額は2億243万3131円で、伊東純也に関わる金額が2億円、トレーナーに関わるものが243万3131円。

     取材に応じた加藤弁護士は「今回、アジアカップ開催中、日本のサッカー界にとって極めて大事な試合の中で、女性らが告訴を行い、週刊誌に報じさせた。本来禁止されている警察官とのやりとりを録音し、その日のうちに告訴状受理の事実を話し、報じられた。客観的、外形的に事実に基づいていない告訴が行われたと考えている」と提訴理由を説明。続けて、「報道が出てしまっただけで、社会的に抹*れる、選手生命も終わってしまうという状況にあるので、一刻も早く名誉回復する必要があった。そのため、こういった法的手段を取り、弁護団も矢面に立って発信していかざるを得なかった。こういったことがセカンド*と批判されることがあるが、そもそもファースト*がなかった」と話した。

     2月初旬に民事訴訟の意向を示しながら提訴まで時間を要したことについては「先方が提出した告訴状の女性の住所が偽物というか、そこに住んでいなかった。住民票も取れなかった。その調査のために時間を要してしまった」と補足した。

     警察での捜査は急ピッチで進行しているといい、当初は起訴か不起訴が決まるまで1年程度とみられていた捜査期間については「かなり多数の証拠を出して内容を精査してもらっている。(1年かかるということは)私たちの肌感覚ではありません」とした。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44f525f28bade610dbad6b417269abf1670d3948

    前スレ
    伊東純也側が相手側女性2人に2億円超の損害賠償請求 代理人弁護士らが大阪地裁に民事提訴 ★4 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708338745/

    【伊東純也側が女性側に億超えの損害請求 これって妥当?】の続きを読む


    『月刊バーズ』(発行:幻冬舎コミックス) - ソニー・マガジンズから取得した漫画雑誌。2018年8月号で休刊。 幻冬舎新書 幻冬舎新書ゴールド 幻冬舎文庫 幻冬舎ノベルス 経営者新書(発行:幻冬舎メディアコンサルティング) 幻冬舎ルネッサンス新書(発行:幻冬舎メディアコンサルティング) 幻冬舎ルチル文庫(発行:幻冬舎コミックス)…
    31キロバイト (4,365 語) - 2024年1月30日 (火) 20:44

    (出典 www.gentosha.co.jp)


    どこも儲かればいいみたいな感じですし・・・

    1 伝説の田中c ★ :2024/02/11(日) 19:46:55.21 ID:aUmZ6jS29
     幻冬舎の統括編集長、舘野晴彦氏が8日、「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜午後1時55分)に出演。サッカー日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)をめぐる一連の報道についてコメントした。

     伊東の報道をめぐっては、ニュースサイト「デイリー新潮」や「週刊新潮」が1日までに、伊東が過去の性加害疑惑で女性2人から刑事告訴されたなどと報道。しかし伊東側は性加害はなかったとして、虚偽告訴容疑の告訴状を大阪府警に提出する事態となっている。

     MC宮根誠司から「1つの週刊誌の報道で伊東選手が離脱する。同じ出版社としていかがですか」と聞かれ「書く側と書かれる側のリスクの釣り合いが取れてない。書く側は名誉毀損(きそん)で何百万で終わることも多々あるけど、伊東選手の場合、アジア杯にも出られなかったわけですよね。取り返しがつかないことが起こる」と切り出した。

     続けて「書く側と書かれる側の釣り合いの差がこんなにまかり通って、ある種、週刊誌がこんなに権力になってしまうのは、同じ出版社ですけど、僕は週刊誌やってないですけど、何か疑問を思いますね」とコメントした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d5283e974ab620f58276d0ae6309f7cd240e5f1

    【幻冬舎統括編集長「週刊誌がこんなに権力になってしまうのは疑問」ミヤネ屋で伊東純也さんめぐる報道に言及】の続きを読む

    このページのトップヘ