日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    Z世代


    Z世代(ゼットせだい)、ジェネレーションZ(英: Generation Z)とは、概ね1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指すことが多いが、アメリカ心理学会は1998年生まれ以降を指すなど、定義は厳密に決められているわけではない。 一方、Z世代という表現や括りについては否定的な意見も存在…
    28キロバイト (3,696 語) - 2024年5月29日 (水) 07:18

    (出典 www.ntthumanex.co.jp)


    仕事以外で使うことあんまりないよなぁ

    1 パンナ・コッタ ★ :2024/06/01(土) 22:19:07.80
     日本インフォメーションは、Z世代の情報収集・SNS利用についての調査を実施。Y世代、X世代との世代間比較を含めた結果を公開した。

    Z世代のパソコン所有率は約28%

     まず、持っているデジタル機器を確認したところ、いずれの世代も「スマートフォン」が…

    続きはこちら

    MarkeZineニュース
    https://markezine.jp/article/detail/45588

    【Z世代のパソコン所有率 想像以上に低い・・・】の続きを読む


    幸福度を高める。しかし現実には、人は自分の性格に合ったお金の使い方をしないので、結局幸福とお金の関連性は低いままである。給与は幸福度とはあまり関係がないが、幸福度の指標である人生の達成は、所得95,000米ドルで最も高く、幸福度は所得60,000~75…
    91キロバイト (12,027 語) - 2024年1月7日 (日) 21:46
    お金だけじゃないとかありますよね

    1 煮卵 ★ :2024/05/15(水) 17:48:46.62
    ◼世界30か国調査で下から3番目の低さ

    世論調査会社のイプソスが、世界30か国2万4269人を対象に2024年版「幸福感調査」を実施し結果を発表しました。「幸せ」と感じている日本人の割合は、対象国の中で下から3番目でした。

    調査は2023年12月22日~2024年1月5日に実施。日本での調査は16~74歳が対象に行われました。

    「とても幸せ」「どちらかといえば幸せ」「あまり幸せではない」「全く幸せではない」から自身の現状について答える問いでは、「とても」と「どちらかといえば」を合計した「幸せ」との回答者は、日本は57%。
    30か国の平均は71%で、最も高いオランダは85%、日本より低い韓国・ハンガリーはともに48%でした。

    同調査を開始した2011(平成23)年12月に「幸せ」と回答した日本人は70%で、2024年までの13年間で13ポイント減少したことになります。その間最も割合が低かったのは、2019年6月の52%でした。

    「幸せ」と回答した日本人を世代別で見ると、最も割合が高かったのは1945(昭和20)~1965年生まれの「ベビーブーマー世代」で66%。
    次いで1966~1979年生まれの「X世代」62%、1980~1995年生まれの「ミレニアル世代」53%、1996~2012年生まれの「Z世代」49%となり、若い世代ほど「幸せ」と感じる人の割合が少なくなっていることが分かりました。

    特に、2024年現在12~28歳のZ世代は、過半数が「幸せではない」と感じている結果になっています。

    [LASISA編集部]
    2024年5/14(火) 11:40
    https://news.yahoo.co.jp/articles/edf7dffc47a7e46384d8cc6dde66978e4103b706

    【もっとも「幸せでない」と感じてる世代がこちら】の続きを読む


    Z世代(ゼットせだい)、ジェネレーションZ(英: Generation Z)とは、概ね1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指すことが多いが、アメリカ心理学会は1998年生まれ以降を指すなど、定義は厳密に決められているわけではない。生まれた時点でブロードバンドが利用可能であった最初の世代である。…
    29キロバイト (3,893 語) - 2024年5月7日 (火) 09:53
    がんばれば社畜っていわれちゃいますしね

    1 Hitzeschleier ★ :2024/05/12(日) 15:07:43.30
    !extend:checked:checked:1000:512:donguri=0/4

    ※どんぐりレベル0スレです


    「それ、僕の仕事じゃないんで…」Z世代に多い“言われたことしかやらない”若手社員。強い自己愛ゆえの「自分は何でもできる」という幻想的万能感
    https://news.yahoo.co.jp/articles/85caf4697365d98174e5ae29ef70ae8134ca3ed9

    言われたことしかしない若手社員
    最近どこの職場でも増えているのが、上司や先輩から言われたことしかしない若手社員である。典型的な指示待ちタイプで、指示されなければ何もせず、ぼうっとしている。先輩や同僚が忙しそうにしていても、手伝わない。

    上司から「少し手伝ったらどうか」と諭されても、「自分の仕事はちゃんとやっています」「指示がなかったので、僕の仕事だと思いませんでした」などと答え、定時で帰る。

    「僕の仕事ではありませんから」と言って、手伝わない
    指示待ちタイプというだけならまだしも対処のしようがあるが、なかには持論を繰り返し、自己正当化に終始する若手社員もいる。たとえば、IT系企業に勤務する20代の男性社員は、結果さえ出していれば協調性なんて要らないと思っているのか、大量の仕事を抱えた同僚が忙しそうにしていて困っていても、手伝おうとしない。

    上司が手伝うよう促しても、「僕の仕事ではありませんから」と言って、協力しない。

    上司が「君が困ったら助けてもらうかもしれないのだから、お互い様だと思って、協力するのが同じ課の仲間だろう」と諭しても、「僕、ちゃんと結果出していますよね?僕、何かおかしなこと言っていますか?そもそも、これは僕がやるべき仕事ですか?」と頑(かたく)なに手伝おうとしない。

    それどころか、「できない奴の仕事を手伝っていたら、自分の仕事ができないじゃないですか。結局、優秀で真面目な人間にしわ寄せがくるじゃないですか。そんなの真っ平ごめんです」と怒り出す。

    (略)
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1715489231/ VIPQ2_EXTDAT: checked:checked:1000:512:donguri=0/4: EXT was configured

    【Z世代新入社員の幻想的万能感】の続きを読む


    Z世代(ゼットせだい)、ジェネレーションZ(英: Generation Z)とは、明確な定義は存在しないが、概ね2001年から2009年に生まれた世代を指すことが多く、定義によって1998年から2007年、2001年から2009年生まれなど様々である。生まれた時点でインターネットが利用可能であった最初の世代である。…
    27キロバイト (3,444 語) - 2024年4月9日 (火) 14:54

    (出典 markezine.jp)


    将来なにしてるかわかんないし色んなことに触れるといいような

    1 muffin ★ :2024/04/09(火) 23:08:20.99 ID:Tkb0BuXb9
    https://www.j-cast.com/kaisha/2024/04/09480976.html?p=all
    2024.04.09 21:15

    バイドゥは、同社のキーボードアプリ「Simeji」ユーザーへのアンケート調査をもとにランキング化した「Simejiランキング」で、「Z世代が選ぶ!!『Z世代が選ぶ!!『将来役に立たないと思う教科TOP10』」を発表した。 調査の集計期間は2024年1月22日~29日。有効回答数は、10~24歳の男女3447人。

    さっそく見ていこう。順位が低いほど、必要な科目ということになる。第10位は「国語」。以下は、寄せられた声。

    抜粋
    第9位は「英語」。以下は、寄せられた声。
    第8位は「道徳」。以下は、寄せられた声。
    第7位は「総合学習」。以下は、寄せられた声。
    第6位は「保健体育」。以下は、寄せられた声。
    第5位は「美術」。以下は、寄せられた声。
    第4位は「社会」。以下は、寄せられた声。
    第3位は「理科」。以下は、寄せられた声。

    第2位は「図画工作」。以下は、寄せられた声。

    「シンプルに苦手」
    「工作をする職業があまり少ない」
    「何かを作るのは想像力は広がるがあまり役に立たないと思う」
    「芸術家になる以外で使う事があまりない気がする」
    「何かを作るよりかはPCとかで仕事する」
    中略

    第1位は「音楽」。以下は、寄せられた声。

    「1番好きな教科だけど音楽系の仕事につかない限り役に立たない」
    「音楽って大人になっても使うことはあるけど、仕事とかでは使わない」
    「国語や算数、理科社会と違って、絶対使うということはなさそう」
    「どれも大事なことだから将来理解していて損はしないけど、音楽は私の将来夢に絶対必要なものではない」

    このように、将来、音楽関連の職業に就かない限り役に立たないのでは、と考える声が多く集まったという。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 www.j-cast.com)

    【Z世代が選ぶ「役に立たないと思う教科ランキング」1位は意外なあの教科・・・】の続きを読む


    Z世代(ゼットせだい)、ジェネレーションZ(英: Generation Z)とは、明確な定義は存在しないが、1990年代後期から2000年代または2010年代初期に生まれた世代を指す。X社の定義する1998年からとする説が最も有力である。生まれた時点でインターネットが利用可能であった最初の世代である。…
    31キロバイト (4,070 語) - 2024年3月16日 (土) 07:50

    (出典 www.ricoh.co.jp)


    投資とか経営とか法を必修にしろとか意見もありますね

    1 パンナ・コッタ ★ :2024/03/16(土) 20:54:19.05 ID:2Kn+xtft9
    検索エンジンを提供するバイドゥが、いわゆるZ世代と呼ばれる10~24歳を対象に、「将来役に立たないと思う教科」に関するアンケートをインターネット上で実施。3747人から回答を得て、トップ10を3月13日に発表しました。
    どの教科も「誰かの将来の役に立っている」ことには間違いないでしょう。その人が将来に進む道や、その教科が必要とされる道に進む人が多いか少ないかなどで、感じ方に差が出るものです。
    若い頃は大切だと気づけなかったことも、大人になってみると「役に立っている」と感じる教科もあるのではないでしょうか?
    ぜひ、若い頃の考えと、大人になった自分の考えを比べてみて下さい。
    早速ランキングの結果を見ていきましょう。
    まずは10位から6位まで。

    10位「国語」
    9位「英語」
    8位「道徳」
    7位「総合学習」
    6位「保健体育」
    5位「美術」
    4位「社会」
    第3位は「理科」。学生の頃…

    続きはこちら

    ハフポスト日本版
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65f3a23de4b0651fa4a24686

    【将来絶対に役に立たないだろって思う教科をZ世代が選んだ結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ