日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    遺伝子


    精子提供(せいしていきょう)とは、男性が自身の精液・精子を、妻や恋人以外の女性へ提供することである。提供される女性の目的は主に人工授精による妊娠・出産であり、精子提供のための公的な施設が精子バンクである。人工授精を用いた場合には、「精子提供による非配偶者間人工授精」(artificial insemination…
    23キロバイト (2,753 語) - 2023年11月30日 (木) 14:27

    (出典 crayonimg.e-shops.jp)


    これからふえてくるのかなぁ 

    27 アフターコロナの名無しさん :2024/04/22(月) 19:35:13.66 ID:nq8h4aaq0
    >>1
    200年後のアメリカ人はみんなこんな顔か

    【「精子提供」で人生激変 子供が100人近くいる男性 】の続きを読む


    妊娠判明後、通常は産科・助産所において定期検診として、妊婦健康診査を受ける。周産期の異常への対処を行い、周産期死亡率の改善を図っている。 妊婦健康診査は通常、妊娠23週(妊娠6か月)までは4週間に1度、妊娠24週間(妊娠7か月)から妊娠35週(妊娠9か月)までは2週間に1度、妊娠36週間(妊娠10か月)以後は1週間に1度行う。…
    52キロバイト (7,675 語) - 2024年3月11日 (月) 09:25
    我慢が必要なタイミングですね・・

    1 おっさん友の会 ★ :2024/03/31(日) 10:54:46.34 ID:bej6+h0e9
    母親の妊娠中の食生活が、子供の顔に影響を与える可能性があることが分かってきた。頭蓋骨の形や鼻の軟骨の量といった外見の相違が、胎内で与えられた栄養に影響を受けた遺伝子によって決まるという。
    mTORC1という遺伝子は、多くのたんぱく質が消費されることでより活発となり、赤ちゃんの鼻の長さや、鼻の穴の幅が微調整されるという。

     家族間に見た目の違いがある理由については長年、専門家の間で意見が分かれていたが、現在は妊娠中の母親の食生活が重要な役割を果たすことがわかってきた。

    続きはYahooニュース よろず~ 2024/03/31 7:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9415f04c6b188b04ec467a873196051ed00c8c8

    【子供の外見は母親の食生活で決まる可能性が! 胎内で影響を受けた遺伝子が・・・】の続きを読む


    妊娠判明後、通常は産科・助産所において定期検診として、妊婦健康診査を受ける。周産期の異常への対処を行い、周産期死亡率の改善を図っている。 妊婦健康診査は通常、妊娠23週(妊娠6か月)までは4週間に1度、妊娠24週間(妊娠7か月)から妊娠35週(妊娠9か月)までは2週間に1度、妊娠36週間(妊娠10か月)以後は1週間に1度行う。…
    51キロバイト (7,595 語) - 2023年12月4日 (月) 10:37

    (出典 www.enago.com)


    難しいですね・・・

    1 おっさん友の会 ★ :2023/12/10(日) 20:04:11.82 ID:UAmTg92e9
    父親の加齢が精子の遺伝子の働きに影響し、子の神経発達障害のリスクになることがマウスの実験で分かったと、東北大学の研究グループが発表した。既に、DNAやDNAを巻き取るタンパク質への物質の結合による影響について示していたが、遺伝子の働きを調整する「マイクロRNA」も変化していることを、新たに明らかにした。

    メスは出生時に持つ卵母細胞が卵子となり、1個ずつ排卵されていくのに対し、オスの精子は精巣で次々作られる。卵子の老化は広く知られてきたが、精子の側について、後天的に遺伝子の働き方が変わる「エピジェネティック」な変化に焦点を当てる成果となった。

    対人関係を苦手とする「自閉症スペクトラム障害」などの神経発達障害の発症リスクには、母親より父親の加齢の影響が大きいことが報告されている。研究グループはこれに着目し、エピジェネティックな変化の要因を明らかにしようと、マウスの実験を続けた。これまでに精子の形成においてDNAや、DNAを巻き取るタンパク質「ヒストン」への、物質の結合が加齢で変化し、遺伝子の働き方に影響することを示してきた。さらにエピジェネティックな要因として残る、マイクロRNAの影響の解明に挑んだ。

    続きはYahooニュース science Portal 2023/12/08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/330da5d9ee471258b7902b70476fcc5096ed0e78

    (スレタイは河北新報から)
    https://kahoku.news/articles/20231207khn000032.html

    ★1が立った時間 2023/12/10(日) 16:12:19.92
    ※前スレ
    「*の老化」子どもの発達障害リスク高める可能性 東北大研究グループが発表 [おっさん友の会★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1702192339/

    【「精子の老化」が子どもの発達障害に影響を与える可能性・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ