日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    裏金


    政治」ということができる。 民主政国家の場合は、署名運動、請願や討論、デモ活動によって、国民が政治活動を行うことがあり、国民による選挙によって選出された、職業として政治活動を行う者を「政治家」という。政治活動家とは区別される。 政治のより具体的な構成について観察すると、政治
    57キロバイト (9,640 語) - 2024年3月25日 (月) 08:12
    文句が言いやすい環境になっただけかなぁ

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2024/04/09(火) 07:17:10.047 ID:yqfCquNr0
    安保闘争や学生運動が盛んだった時代の後に徹底的に政府に刃向かわないように教育された
    デモやスト、政府に逆らう行為そのものがヤバいと教え込まれて牙を完全に抜かれた

    【政治がクソっていわれるのに暴動が起きない日本やばくね?】の続きを読む


    贈与税やアメリカ合衆国のGift Taxのように、贈与をした方に課税する方式も存在する。 贈与税の目的の1つが、生前贈与による相続回避の防止にあることから、相続の補完的なの性質を持つ。したがって、相続税法(昭和25年法律第73号)の中で相続とともに規定されている。 贈与税
    16キロバイト (2,356 語) - 2024年3月13日 (水) 00:12

    (出典 www.zeirisi.co.jp)


    結局担当の匙加減か・・・ 

    1 PARADISE ★ :2024/04/09(火) 19:32:16.45 ID:Kv0bVA0E9
     毎年110万円までの贈与には税金がかかりません。また控除を受けるための手続き等も不要なことから、広く活用されています。しかし、贈与のやり方を間違えると「年110万円以内」でも課税対象とされるケースがあると、多賀谷会計事務所の宮路幸人税理士はいいます。いったいどのようなポイントに注意しなければならないのか、事例からみていきましょう。

    夫婦で居酒屋を営んでいたBさんに「税務調査」の連絡が
    夫婦で居酒屋を営む個人事業主のAさん(85歳)と妻のBさん(80歳※当時)。地元住民に愛される昔ながらの居酒屋でしたが、数年前にとある作品の舞台となったことでここ数年売上が急増。忙しくも充実した毎日を送っていました。

    そんなある日のこと、夫のAさんが心筋梗塞で倒れ、そのまま帰らぬ人に。Bさんは突然のことで大きなショックを受けましたが、なんとか葬儀を済ませました。

    常連客の希望もあり、Bさんはなんとか居酒屋を続けようと頑張ってみたものの、夫との思い出が詰まったお店での仕事は非常に辛く、惜しまれつつも畳むことにしたそうです。

    Aさんが亡くなってから2年後、Bさんのもとに税務署から連絡がありました。聞くと「相続税の調査に伺いたい」とのこと。Bさんは「最後の数年は居酒屋が好調だったからかしら?」と考えましたが、相続税とお店の勘定は別です。特に心当たりもなく不思議に思っていました。

    税務調査官のひと言に愕然としたBさん
    税務調査当日、税務調査官は自宅に2名でやってきました。最初はなごやかな雑談からはじまり、居酒屋時代にメディアに取り上げられたことの話などで打ち解け、Bさんは少し安心しました。

    午後の調査が始まってすぐ、Bさんはひとりの税務調査官から質問を受けます。

    税務調査官「この通帳はなんですか?」

    Bさん「ああ、これは孫が成人するときに渡す予定のお金です。はやく孫の喜ぶ顔が見たいわ」

    AさんとBさんは15年前、愛する孫の誕生を機に孫名義の口座をつくり、孫が成人する際にサプライズでプレゼントしようと、孫の誕生日に毎年100万円ずつ入金していたのでした。

    税務調査官「この通帳の存在、お孫さんはご存じですか?」

    Bさん「知っているわけないじゃないですか。サプライズで渡して驚*つもりなんですから(笑)」

    税務調査官「そうですか……。残念ですが、こちらの預金は相続税の課税対象になります」

    Bさん「いやいや、なにかの間違いでは? 毎年110万円以内の贈与は非課税ですよね。それくらいさすがの私でも知っていますよ」

    税務調査官「それは贈与が成立している場合です。お孫さんが贈与を受けている事実を知らない場合、贈与とは認められません。よって、こちらの口座は名義預金となり、相続税の課税対象となります」

    Bさん「えっ、そんな……」

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/914b28dde8ce171284b5e30fb1f529b1a96eb95e

    【年110万円以内でも追尾課税に・・・愛する孫に贈与を続けた82歳女性】の続きを読む


    埼玉県加須市出身。赤い服に金髪がトレードマーク。兄と妹がいる。母方の実家はイチゴ農家。クイズを得意としており、芸人たちからはカズカズレーザーと呼ばれることが多い。 2020年に自身のYouTubeチャンネル『カズレーザーの50点塾』を開設。 埼玉県立熊谷高等学校、同志社大学商学部を卒業。大学生時代は喜劇研究会に所属。歴…
    54キロバイト (7,032 語) - 2024年3月30日 (土) 10:16

    (出典 www.entax.news)


    みなさんの予想は当たりましたか?

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/07(日) 08:25:26.30 ID:Zk1XFo/x9
    2024/04/06 06:00

    裏金問題や、物価高対策への政策が不評だったことなどから、すっかり国民から支持が得られなくなってしまった岸田政権。

    今まで以上に政界に”新しい風”を吹かせてくれる人材が求められているようで、世間では芸能人や有名人に対し、首相になってほしいとの”夢”を語る声も。

    そこで本誌は、スポーツ選手と政治家を除く有名人・芸能人について、「いつか首相になってほしい人」を調査した。対象は20代~60代の男女1000人。今回は男性編の結果を発表する。

    まず3位に選ばれたのは、ビートたけし(77)。

    言わずと知れた「お笑いBIG3」であり映画監督だが、77歳となった現在も『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)と『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)の2本のレギュラーを抱えている。数々の番組で披露されてきた風刺の効いたコメントに、「面白さ」を期待する声も多い。

    「面白そうだから」
    「頭が良い、回転が速い」
    「国際的な文化人であり、知識も豊富、国会中継が面白くなる」

    また、最近では能登地震について「(大阪)万博より被災地を優先すべきじゃないの」と発言し共感を集めた。ビートたけしの率直な物言いに「意外と誠実そうだから」「悪いことを悪いと言えそうだから」「信頼できそうなので」と、誠実さを感じる人も多いようだ。

    つづけて2位に選ばれたのは、カズレーザー(39)。

    特技はクイズであることを公言しており、クイズ番組に数多く出演。また、『カズレーザーと学ぶ。』(日本テレビ系)や『カズレーザーの50点塾』(YouTube)など教養系の番組を担当してていることから知的なイメージを持つ人が多いようだ。

    「博識で、政治に詳しそう」
    「頭がとても良くて知識も豊富であり、話もとても上手だから」
    「頭脳明晰だから。話術に長けているため」

    また、その博識さゆえコメンテーターの役割を求められることも多いが、そこでのコメント力の高さに感心している人は多いよう。「出演しているテレビ番組から平等な思考が感じれるから」「知識が豊富で、あらゆる角度から物事を見ることができる人。どんな立場の人に対しても平等にふるまうことが出来る人」と、公平さを評価する声が寄せられていた。

    そして1位に選ばれたのは、明石家さんま(68)。

    先ほど3位に選ばれたビートたけし、そしてタモリ(78)と並んで「お笑いBIG3」のひとり。さんまといえば「眠らない九官鳥」というあだ名がつくほどの超ショートスリーパーとしても知られており、68歳の今でも高いテンションで番組に出演し続けている。そのはつらつとした姿に頼もしさを感じる人は多いようで、対応力の高さを評価する声が寄せられていた。

    「頭の回転が早く、お喋りも巧みで、ユーモアもあり、どんな困難をも乗り越えられそうだから」
    「休みなく楽しそうに働いてくれそう」
    「笑いもあって考えも強そうだから」
    「面白そうだけど、真面目に対応してくれそう」

    さんまといえば、大きな笑い声でトークのテンポを変える司会ぶりがお馴染み。その声に元気をもらっている人は多いようで、「世の中が明るくなりそう」「面白い世の中になりそう」「明るい国造りをしてくれそう」「日本を明るくしてくれる」と期待感を持ったコメントが寄せられていた。

    殺伐とした日本社会。さんまのような人の好さや明るさに変化を期待する人は多いようだ。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2311369/

    関連記事
    首相になってほしい有名人ランキング(女性編)!3位 有働由美子、2位芦田愛菜を抑えた1位は?
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2311537/

    【首相になってほしい芸能人ランキング!カズレーザーを抑えて1位になったのは・・・】の続きを読む


    光進事件 野村沙知代脱税事件 工藤會野村総裁脱税事件 高須クリニック脱税事件 山口組竹中組長脱税事件 北九州土地転がし事件 プロ野球脱税事件 東京パブコ脱税事件 ケイ・ワン脱税事件 加藤紘一元秘書脱税事件 ライジングプロダクション脱税事件 伊藤ハム輸入豚肉関税脱税事件 川本源司郎脱税事件 大光事件 ナイスアシスト事件…
    12キロバイト (1,603 語) - 2024年2月14日 (水) 23:08

    (出典 ascii.jp)


    心が強ええ

    1 生玉子 ★ :2024/03/03(日) 21:40:48.00 ID:66ETrn/19
    2024年3月3日 18時47分

     自民党の政治資金パーティーの裏金問題をめぐり、1日に開かれた衆院政治倫理審査会で、元文科相の塩谷立衆院議員の発言に対する批判が高まっている。清和政策研究会の(安倍派)座長だった塩谷議員は、政倫審で「法令違反を重ねてしまったことは極めて問題であり、残念」などと反省の弁を述べた一方、裏金について「適法ではない処理をしていたことは全く認識していなかった」と主張した。

     立憲民主党の寺田学衆院議員は質疑の中で「国民の皆さんが怒っている一つは『自分らが裏金をつくって持っていたのなら、そんなもん政治資金じゃねえだろう。ちゃんと納税しろ』という話です」「納税するつもりはありますか。安倍派議員の皆さんに、ちゃんと納税しろと呼びかけるつもりはありませんか」と追及した。これに対して、塩谷衆院議員は「私自身はしっかりとそれを政治活動に使用しておりますので、納税するつもりはございません」と答え、安倍派の議員に対しては「具体的に税法上どうなるかは確認して指導してまいりたい」と述べた。

     この「納税するつもりはございません」という言葉が、ネット上で怒りに火をつける結果になった。X(旧ツイッター)では「堂々と脱税宣言」「納税するか否かを自分の一存で決められるんだ…」「これで許されるのなら日本国民全員が言うよね?」「怒りを通り越して悲しい」などの声が続々と上がり、大荒れとなっている。

    https://www.chunichi.co.jp/article/862494

    前スレ
    【政倫審】裏金を「納税するつもりはございません」塩谷議員の発言に批判殺到 「堂々と脱税宣言」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1709462230/


    “第2次岸田第2次改造内閣 閣僚等名簿”. 首相官邸ホームページ. 2023年9月17日閲覧。 ^ 日本放送協会. “岸田首相 自民党岸田派の会長職に今後もとどまる”. NHK政治マガジン. 2021年12月10日閲覧。 ^ “首相、在任中は岸田派離脱の意向 会長空席、今夕表明首相、在任中は岸田派離脱の意向 会長空席、今夕表明へ”…
    231キロバイト (30,476 語) - 2024年2月23日 (金) 13:39

    (出典 cloudfront-us-east-2.images.arcpublishing.com)


    信頼回復のために何をしてくれるでしょう

    1 ニョキニョキ ★ :2024/02/26(月) 19:54:28.94 ID:XPxBrfxD9
     26日の衆院予算委員会で、岸田文雄首相が改めて国民に納税を呼びかける場面があった。首相は、政治とカネの問題が国民の不信や懸念を招いているとして陳謝した上で「税は社会を支える公的なサービスを皆で分かちあうものだ」などと理解を求めた。

    【図解でわかる】そもそも選挙の仕組みの仕組みとは

     立憲民主党の城井崇氏の質問の冒頭で「納税者の皆さんに一言」と求められた首相は、自民党の裏金事件を念頭に「納税の時期を迎えて国民に強い懸念、不信を引き起こしていることについて自民党として強い危機感を感じ、心からおわびを申し上げる」と謝罪。続けて国民の納税への協力を呼びかけた。

     また、城井氏から「確定申告ボイコット」のハッシュタグがついた投稿がネット上で飛び交っているとの指摘を受けると、「SNS(ネット交流サービス)で投稿が多く見られることは私も承知している」と言及。その上で「改めて国民の厳しい目を強く感じている。国民の信頼回復に向けて強い覚悟を持って臨まなければならない」と語った。【川口峻】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/93831819c29943850845563856810a644df675de

    【岸田首相「税は皆で分かちあうもの」】の続きを読む

    このページのトップヘ