日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    水商売


    超高層マンション(ちょうこうそうマンション)とは、従来のマンションと比べて際立って高い住居用高層建築物の俗称。その外観の形態からタワマンション、略して「タワマン」とも呼称される。 日本では超高層マンションに対する法的な定義はないが、『マンション学事典』では「高さが60…
    26キロバイト (2,115 語) - 2024年5月12日 (日) 08:30

    (出典 www.kanaloco.jp)


    裁判にどのように影響するのか

    1 Ikhtiandr ★ :2024/05/14(火) 15:45:41.78
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
    (前略)
    「’23年~’24年にかけて、和久井容疑者のストーカー行為に関する相談が少なくとも6件、警察に寄せられているんです。平澤さんとは別の女性で、被害者は複数います。付きまとったり待ち伏せするというものではなく、手紙を何度も送るなどの迷惑行為だったようです。しつこいアプローチがあったのか、中には同一の女性が、2度にわたって警察に相談に訪れていた事案もあるそうです」(前出とは別の捜査関係者)

    平澤さん以外にも行われていた和久井容疑者のストーカー行為。なぜ、被害者が警察に相談するほど追い詰められても、やめなかったのか。和久井容疑者の知人が語る。

    「彼は5年ほど前に離婚しており、その後に出会ったのが平澤さんでした。寂しさを埋めてくれた部分もあるのでしょう。そんな彼女にも裏切られたことで、別の女性で寂しさを埋めようとしたのではないか」

    今回の事件にはいまだ不透明な点が多いのは間違いない。しかし、現在世間に流れている「手練手管に長けた美女に、純粋な中年男性が騙されて、何もかも失ったかわいそうな事件」というイメージとは、様相が異なるのは間違いなさそうだ。

    Livedoorニュース/FRIDAY 2024年5月14日 8時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/26400984/

    ※前スレ
    【新宿タワマン殺人】和久井容疑者が「空白の1年間」で別の女性に行っていた「6件のストーカー行為」★3 [Ikhtiandr★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1715662609/

    【和久井学「空白の1年間」で6件異なる女性のストーカーをしていた【新宿タワマン殺人】】の続きを読む


    商売(芸能人、スポーツ選手など)、作家、クリエイター、インフルエンサー、YouTuberといったものを含む言葉。夜間営業で酒を出す飲食店(主にバーや接待クラブ)や風俗営業、ホスト・ホステス、風俗嬢などに限定して指す接待飲食等営業の場合は「お水」とも呼ばれている。 風俗商売としての水商売
    3キロバイト (395 語) - 2024年3月26日 (火) 06:28
    本気で恋愛するように仕向けた水商売側もなかなかな・・・

    1 樽悶 ★ :2024/05/12(日) 04:36:06.35
    逮捕された和久井容疑者(左)と取材に応じた桜井野の花さん(中央)と葉月芽生さん(右)

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (省略)

    〈画像多数〉金色のセクシーなドレスでシャンパンボトルに囲まれるAさんや、和久井容疑者の真っ赤な愛車とバイクなど

    水商売のキャストは客に対して色恋営業を仕掛けることは珍しくないが、同業者たちは今回の事件をどう見たのか。

    ■遊び慣れない男性は営業トークを脳内変換

    (省略)

    事件の全容が徐々に明らかになるなか、同業者は今回の事件をどう見たのか。歌舞伎町で働く25歳のキャバ嬢はこう言う。

    「キャバクラなんだから、女の子も商売なんだっていう線引きができない男性が悪いと思う。たとえ結婚をほのめかされたとしても『何か裏があるのでは?』と疑わないと。

    やっぱり遊び慣れてない男性はこういう罠に引っかかりやすいですよね。まあそれで成り立っている業種でもあるのですが……」

    23歳の六本木のキャバクラ嬢はストーカー化する客の共通点をこう語る。

    「金持ちの客がストーカー化するのは見たことなくて、だいたい今回の加害者みたいにギリギリで遊んでる人がなるイメージ。こういう男はキャバ嬢が『また会いたい!』って営業トークをすると『俺に会えてうれしかったんだ!』と勝手に脳内変換して本気になるんです。それがこの商売の恐ろしさだから、明日は我が身と思って気をつけます」

    ■細客ほどストーカーに…

    夜の世界を制した女性たちの意見はどうか。「美人茶屋 六本木」に在籍中はカリスマキャバ嬢として活躍した葉月芽生さんは、こう持論を展開する。

    「男性は、相手を好きにならなければお金を使ってくださいませんから、水商売をやっている女性のほとんどが色恋の手法で仕事をしています。

    私もかつて『結婚しようね』と言っていたお客さまがいましたよ。その方は私に1億円くらい使ってくれていたんですが、ある時期をさかいに経営がうまくいかなくなったらしく、お店で使ってくれる額が減っていったので潮時だと感じ、私から『やっぱり仕事をがんばりたい』『他に気になる人ができた』と言ってお別れしました。

    それでも逆恨みされることはありませんでした。なぜきれいに別れられたかといえば、その方がれっきとした経営者で、使ってきたお金に悔いがなかったから。

    今回の加害者は明らかにお金が潤沢にある方ではないですよね。ただ、そんな人からは無理に(お金を)引っ張り出さないのがキャバ嬢として基本のルールかなと思います」

    しかし、そんなルールを守っていても、危険な目にあうことはあるという。

    「私もストーカー被害にあったことがあります。しかも4人も。家の前や店の前で待ち伏せされたり、他のお客さまと同伴で入店しようとしたときに腕を掴んできたり。

    ストーカーしてきた人たちが使ったお金はそれぞれ総額20~30万円くらい。こういう方たちのほうがお金もないのに無理していらっしゃって、『こんなに使ってやっただろ!』と見返りを求めてくる傾向にあると思います」(葉月さん)

    だからこそ、お金のない客に無理をさせないのもキャバ嬢の仕事だという。

    (省略)

    ■命の次に大事なものを売ってまで金をつくる客もヤバイ

    一方、「今回のケースはかなり珍しい」と話すのは歌舞伎町の元ナンバー1キャバ嬢で、現在は「club R」を経営する桜井野の花さんだ。

    「ホストは女性客がお金を持ってなければ*勤めをさせたりしてお金をつくらせますけど、キャバクラで遊ぶ男性はお金を持っている人が大半で、女性客のように飲むお金のために仕事を変えたり体を売ったりすることは基本的にはありません。

    だからこそ、今回のように命の次に大事な車やバイクを売ってまでお金をつくろうとする男はちょっとヤバイんです。

    それがわからないわけはないと思うので、もしかしたら被害女性はかなりお金に行き詰まっていたのかもしれませんね」

    (省略)

    それを踏まえ、桜井さんは和久井容疑者が「結婚の約束をしていた」と供述していることに関して疑問を抱く。

    「『これだけ金を使ったんだから自分は付き合ってる』と思い込んでしまうなんて男性ってつくづく怖いですね。でも、被害女性もそのあたりのことは理解されていたでしょうから、本当に容疑者に結婚をほのめかしていたのかな、と少し疑っちゃいます」(以下ソース)

    5/10(金) 21:51配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4272ba7d4ccbcd04b7dafa00acc288c67ec35dc6

    【新宿タワマン刺殺をカリスマキャバ嬢たちは事件をどうみるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ