日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    未確認飛行物体


    エリア51(英: Area 51)は、ネバダ州レイチェル(英語版)に位置するアメリカ空軍ネリス試験訓練場内の機密性の高い施設の通称。正式には、ホーミー空港(英: Homey Airport、ICAO:KXTA)と呼ばれる。また、空港の近くにある乾湖に因み、グルーム・レイク(英: Groom Lake、グルーム湖)とも。…
    18キロバイト (2,368 語) - 2024年1月31日 (水) 05:35

    (出典 media.wired.jp)


    何しにきたんですかね

    1 ぐれ ★ :2024/02/24(土) 08:11:35.76 ID:Z+WqdCZl9
    ※2024年2月22日 木曜 午前11:10
    FNNプライムオンライン

    アメリカでUFO目撃情報などの調査を行っている全米UFO報告センターには、2023年だけで「謎の複数の飛行物体を見た」など4000件以上の情報が寄せられた。

    UFOはどこで最も目撃されているのか。アメリカメディアが過去20年以上の目撃情報の詳細を分析したところ、人口10万人あたりで最も多かったのは、西部ネバダ州リンカーン郡と判明した。そこにはUFOや宇宙人との関連があるとして度々取り上げられる米空軍施設「エリア51」があり、再びこの場所に注目が集まっている。

    UFOをめぐる最新情報をまとめた。

    「エリア51」に再び注目集まる
    2023年に全米UFOセンターに報告されたUFOの目撃情報は4330件にのぼった。目撃された場所を地図上に落とし込んだ画像を見ると、東海岸と西海岸、五大湖周辺に多くの報告がなされていることがわかる。

    続きは↓
    https://www.fnn.jp/articles/-/661076

    【「4000件超」全米でUFOが目撃されエリア51に再び注目集まる…】の続きを読む


    未確認飛行物体 (UFOからのリダイレクト)
    未確認飛行物体(みかくにん ひこうぶったい、英: unidentified flying object、UFO)とは、その名の通り、正体が確認されていない飛行物体のこと。1947年にアメリカの実業家のケネス・アーノルドが、ワシントン州レーニア山頂近くを飛行する一連の円盤状物体を機上から目撃し、flying…
    146キロバイト (22,387 語) - 2023年10月15日 (日) 03:45

    (出典 images.forbesjapan.com)


    明かされる日はくるのでしょうか

    1 オーバーテクナナシー :2022/01/05(水) 23:03:42.33 ID:HyjYplaJ
    最近、米国防総省と情報機関が本格的な実態調査を始めたが、
    正体はなんだと思う?

    ホログラム?米国や中国の秘密兵器?
    上位管理者のマウスカーソル?
    幻覚?本当に地球外生命体が送り込んだ無人機?
    タイムマシン?

    【UFO 未確認航空現象の正体について】の続きを読む

    このページのトップヘ