日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    文春砲


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,109 語) - 2024年2月23日 (金) 00:36

    (出典 www.cyzo.com)


    果たしてどうなるのか・・・

    1 ネギうどん ★ :2024/02/25(日) 09:43:47.74 ID:agDMlpLK9
     元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が、24日、自身のユーチューブチャンネル「時事砲談TV」を更新。ダウンタウン松本人志vs週刊文春の民事訴訟について私見を述べた。
     
     週刊文春は昨年末、松本人志に関する女性問題を報道。松本は文春を発行する文藝春秋を相手取り、5億5000万円の損害賠償を求めて提訴している。これを受け22日発売の文春では、松本から今月15日に送られてきた訴状を特集していた。

     この特集記事について、東国原氏は「文春はもう真実相当性(裏付け取材をどれほど行ったか)にポイントを絞ったなという感じがしております」と切り出した。

    「文春側はこういう名誉棄損裁判など慣れてますから戦い方を知ってますし、軍資金も相当あるでしょう。弁護団も抱えてます」と指摘したうえで「相当準備してこの記事を書いていると思われます。名誉毀損裁判では、何回も言いますけど、松本氏側はちょっと厳しいのかな」と私見を述べた。

     一方、松本側はパーティーの有無や性行為の有無を争点とせず、性的行為の強要については「客観的証拠はない」としていることから、行為を強要したかどうかの1点に焦点を絞って争うのではないかと見解を示し、「強要したというレッテルを記事によって貼られると社会的評価を著しく低下させ、精神的な負担も甚大である。それに対する損害賠償請求」と流れを読んだ。

     松本側の訴状が13ページであることについても「普通は50ページ以上にはなるんですね。こういう裁判の場合で13ページというのは非常に薄いという感じ」と指摘。続けて「(戦略として)具体的なことが言わずに、証明していく文春側のミスを狙っているのではないかという見方もあるんですけど、やっぱり真実相当性、あるいは公益性公共性には文春側に分がありますね。(その点では)松本氏側からしたら『やられたな』っていう感じですよ」と分析した。

    東スポWEB
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2f213ef0c0123f9218349186ff3b01faae4f398


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,109 語) - 2024年2月23日 (金) 00:36

    (出典 www.cyzo.com)


    どこまで深くみていくのか

    1 数の子 ★ :2024/02/23(金) 08:27:22.30 ID:xHm3KylF9
    弁護士の嵩原安三郎氏が22日、読売テレビ「ミヤネ屋」に出演し、ダウンタウン松本人志が週刊文春の性加害報道に関して訴えた件で自身の考えを示した。

     松本側は文春報道に「客観的証拠がない」などと主張して名誉毀損による損害賠償を請求しているが、同誌は本日発売の誌面で「客観的証拠は吟味した」と反論。その一部として、一連の報道のきっかけとなった松本から性加害を受けたと主張するA子さんの証言内容の調査などを報告した。

     文春が主張したのは「A子さんは松本さんの私的に使用する携帯電話の番号を知っていた」「現場となったホテルの部屋を事前情報なしで間取りを描いてもらうとともに実況見分をした」「スピードワゴン小沢や放送作家ら飲み会に参加したメンバーと松本との関係性も調査し、証言の信ぴょう性を確認した」などの内容。これについて嵩原弁護士は「正直、裏付け証拠がこれだけのわけがないと思っています。もしこれだけなら問題です」と私見を述べた。

     「裁判はけっこう細かく分析するんです」と前置きした嵩原弁護士は、文春が報道した反論について具体的に解説。「例えば部屋の間取りについて。これでわかるのはこの部屋の間取りをA子さんは知っているということだけです。携帯についても、松本さんと直接会った、もしくは松本さんの携帯を知っている人をA子さんは知っているということが分かったということ」と指摘した。

     ただ、これらの積み重ねによって「A子さんが松本さんとホテルでのパーティーで一緒にいたということは認定される可能性はあります。問題はその後。性行為があったのか強制があったのか。これらの反論はその入り口にすぎない」と語った。そのうえで「まさかこれだけでA子さんが正しいと言ってるわけはない。この後、出てこないとおかしい。文春にも“これで性行為や強制があったことを認定した”というものが何かあると思います。第何弾とかもあるのではないのでしょうか?」と推察した。

     争点になる可能性がある「客観的証拠」について、嵩原弁護士は「映像、写真、音声など人の主観が入り込まず変化することがないもの。人の記憶は曖昧で変化する可能性があるので、供述や証言は客観的証拠にはならない」と定義。ただ、かなりの年月が経っており、また密室の出来事のため客観的証拠を提出できる可能性が低い場合も考えられる。その点について「何より一番大きいのは女性の証言です。松本さんの代理人からあれこれ言われるわけですが、それを乗り切れるかどうか。そこが裁判で一番大きいと思います」と話していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/22/kiji/20240222s00041000416000c.html

    前スレ
    松本人志への文春反論記事 嵩原安三郎弁護士「裏付け証拠これだけなら問題。第何弾あるのでは?」 [数の子★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708594356/

    【松本人志に対する文春反論記事は強いのか・・・「裏付け証拠これだけなら問題。」】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,080 語) - 2024年2月17日 (土) 11:31
    これからどんな影響がでてくるのか

    1 ひかり ★ :2024/02/19(月) 20:56:29.40 ID:LQ6UT8Qz9
    週刊誌の記事で名誉を毀損されたとして損害賠償などを求めている松本人志さん側が記事について「芸能活動に致命的な負の影響を与える」などと訴状で主張していることが分かりました。

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんは「週刊文春」に掲載された女性に性的な行為を強要したとする記事で名誉を毀損されたとして、発行元の文藝春秋などに対して5億5000万円の損害賠償や訂正記事による名誉回復を求める裁判を起こしています。

     関係者によりますと、松本さん側が記事について「芸能活動に致命的な負の影響を与えることにより、社会的評価を低下させる」などと訴状で主張していることが分かりました。

     また、訴状では「性的行為を強要したという客観的証拠は存在しないにもかかわらず、一方的な供述だけを取り上げて記事として掲載するという極めてずさんな取材活動に基づくものである」と指摘しています。

     そのうえで「多数のテレビ番組出演を休止せざるを得ない状況となり、出演していたCMも放映中止となるなど、筆舌に尽くし難い精神的損害を受けた」としています。

     一方、週刊文春の編集部は「これまでの報道内容には十分に自信を持っています。訴状の中身を精査し、次号の週刊文春でこちらの主張をしっかりとお伝えします」とコメントしています。

     裁判の第1回口頭弁論は来月28日に東京地裁で開かれる予定です。
    テレビ朝日

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b2d06e5764d2153a49eb4c5b08cf9c9a053eb64


    木下 博勝(きのした ひろかつ、1968年1月20日 - )は、日本の医師、博士(医学)、タレント。鎌倉女子大学教授。2023年3月まで、さいたま新都心ジャガークリニック院長を歴任した後、2023年4月に院長交代に伴い、同クリニック理事長に就任した。 北海道深川市生まれ。北海道深川西高等学校卒業後…
    16キロバイト (2,115 語) - 2023年11月24日 (金) 00:44
    先生も結構出てるような・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2024/02/20(火) 06:48:41.44 ID:PcagDzap9
    デイリー
    2/19
    https://www.daily.co.jp/gossip/2024/02/19/0017346357.shtml

     女子プロレスラー、ジャガー横田の夫でさいたま新都心ジャガークリニック理事長の木下博勝医師が19日、インスタグラムを更新。3月28日に第1回口頭弁論が行われることが明らかになった、ダウンタウン・松本人志による「週刊文春」発行元の文芸春秋らを相手取った民事訴訟について言及し、テレビに出て解説している弁護士をチクリと刺した。

     ジャガー横田とのツーショット画像を添えた木下氏は「何度も繰り返していますが、松本さんの裁判は、文春側の取材が真実であると信じるに値したかどうかで勝敗は決まります。ただ、判決文には、争点の判定も記されますので、強制的に行っていないと主張すれば、裁判所はその点はどう判断する、と明らかになります」と指摘。

     続けて「個人的に」と断った上で「テレビで解説している弁護士で、名誉毀損の裁判を分かっている人は、1-2人だと思います。医師もそうですが、忙しければテレビに出演している暇はない筈ですよね」とバッサリ。

     木下氏はインスタグラムで医療の現場について発信するとともに松本の女性を巡る問題にも言及を続けており、松本の第1回裁判の予定が明らかになった16日には「第一回は、双方の弁護士が法廷に来て、文春側が松本さん側の訴えを否定します。で、終わりかと予想します。そこから、お互いの言い分を提出して、裁判官が判断していく事になると思います」と私見を語っている。

    【松本人志問題を解説する弁護士に医師が火の玉ストレート】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,080 語) - 2024年2月17日 (土) 11:31

    (出典 encount.press)


    こわいこわい・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2024/02/20(火) 19:49:43.78 ID:PcagDzap9
    デイリー
    2/20
    https://www.daily.co.jp/gossip/2024/02/20/0017349751.shtml

     弁護士の亀井正貴氏と三輪記子氏が20日、日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、後1・55)に出演。ダウンタウン・松本人志による文芸春秋などに対する訴訟について解説し、「文春をナメるとこういう目に遭う」などと指摘した。

     番組では、文芸春秋に届いた訴状の内容を紹介。亀井弁護士は松本サイドの行動について「裁判は得策ではなかったというのが私の見解で、その上で世間に対してはメリハリのきいたコメントを出す、記者会見を受けるというのが私の基本的な見解」とした。

     三輪弁護士も「吉本興業が『当該事実は一切なく』っていうようなリリースを出したりして、こういうことが出たときに、調査を尽くすっていう、『昔のことだし、突撃された時にはきちんとお答えできなかったけど、時間をかけてこれから調査します』ということで、実際に調査をして、そこから対応を考える、で私も良かったと思うんですよ」と、吉本興業の対応に疑問を示した。

     その上で「いきなり文春に対しての名誉毀損の訴訟ってなると、被害を訴えた女性が、実際、全部が本当って言ってることじゃないけど、ただ一般論として、性的に加害を受けたっていう風に思った時にすぐに被害を認識したりするのも非常に難しいんですよね」と主張。「それをましてや、言うっていうのはもっと難しい。被害を訴えた女性たちがちょっと置き去りになる形になってるのも、ちょっと残念な気はするんですよね」とし、「やっぱり会社なりが、ちゃんとその調査を尽くした上で対応していくっていう法廷外での解決方法はあったと思います」と持論を展開した。

     亀井弁護士はさらに「吉本興業側は、文春をナメたんだと思うんですよ」と推察。「今の段階で文春をナメたら、こういう目に遭うわけですよね。だから、それなりの取材をある程度やってるということを想定した上で、松本さん側からヒアリングした上で事実関係を固めた上で会見しなければいけない」と語った。

     三輪弁護士も「吉本興業が初手で間違って、でも結局は事実調査しますっていう風になりましたよね。で、もし本当に文春側の対応をもしナメてかかってたんだったとしたら、なぜそういう風にナメてかかってしまったのか、ある意味、タレントさんを守れなかったわけだから、どうして守れなかったのか?っていうことも合わせて検証されるべきなんじゃないかなと私は思います」と持論を展開した。

    【「文春をナメるとこういう目に遭う」ミヤネ屋出演弁護士が松本人志側に指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ