日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    宮迫


    田代 まさし(たしろ まさし、1956年〈昭和31年〉8月31日 - )は、日本の元歌手、元タレント、元コメディアン、元司会者、元映画監督、元作詞家、YouTuber。シャネルズ→ラッツ&スターのメンバー。 母の故郷である佐賀県に生まれるが、出生後まもなくキャバレーのチェーン店を経営していた父親がほ…
    83キロバイト (11,888 語) - 2024年4月5日 (金) 19:06

    (出典 times-abema.ismcdn.jp)


    つらさはわからないしわかりたくないですね・・・

    19 名無しさん@恐縮です :2024/04/10(水) 20:48:42.80 ID:dBCN3hfs0
    >>1
    調子こいてんなw

    【田代まさしが”ライオンと戦う”っていう有名人を批判「お前はそのクラスに行ってねぇだろ」】の続きを読む


    Z世代(ゼットせだい)、ジェネレーションZ(英: Generation Z)とは、明確な定義は存在しないが、1990年代中期から2000年代終盤または2010年代初期に生まれた世代を指す。生まれた時点でインターネットが利用可能であった最初の世代である。 名称は1950年代、ハンガリーの写真家、ロバー…
    30キロバイト (3,905 語) - 2024年1月10日 (水) 09:53

    (出典 markezine.jp)


    知らないことがかっこいいみたいな時期もありますね

    1 征夷大将軍 ★ :2024/01/12(金) 20:21:14.58 ID:h++QpN4i9
    集英社2024.01.12
    https://shueisha.online/newstopics/189470
    お笑いのレジェンド活動休止もZ世代は無関心? 「僕の親は見られなくなるのは悲しいって」「松本人志って誰!?って言ってる友達もいた」〈新橋・渋谷アンケート〉

    (前略)
    ■「松本人志って誰?」
    そんななか、驚いたことに約7割の若者が松本の活動休止について興味を示さなかった。

    「まったくテレビとか見ないから、出なくなっても私に影響はないですね。それよりも松本さんを好きすぎる世代の人たちは、まだ性加害の真相もハッキリしていないのに『女側にハメられたんだ』とか『ホテルに行く女が悪い』って言う人が多くてヤバいなって思います。それも状況しだいでは名誉毀損とかセカンド*になるんじゃないですかね」(21歳女性・大学生)

    「松本さんですか? お名前は知ってるくらいで興味はないですね。文春に報道されたことは知ってましたけど、活動休止することは今知りました。芸人さんは遊んでるってイメージがあるからそこまで驚きはしない内容な気はしますけど、過去のことまで裁かれる時代になったんだなって思いました」(23歳女性・事務)

    「松本さんの出てるテレビ番組を見てる人はまわりにもいますけど、別に松本さん自身を見たいわけじゃないから、活動休止でもショックは受けてなさそうですね。
    今回の報道を見て『松本人志って誰!?』って言ってる友達もいたくらいです」(20歳女性・大学生)

    これらはまさにテレビ離れが現在進行形でどんどん進んでいる証なのか。カリスマ・松本人志の不在はZ世代にはさほど影響を与えないのかもしれない。

    取材・文/集英社オンライン編集部ニュース班

    ※全文は出典先で

    【松本人志の騒動に対する「Z世代」の反応・・・】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・俳優・映画監督・作家。兵庫県尼崎市出身。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。吉本興業東京本部所属。2…
    96キロバイト (13,024 語) - 2024年1月12日 (金) 04:05

    (出典 newsdig.ismcdn.jp)


    宮迫さんも一緒にで・・・
    すこし見てみたい・・・

    1 それでも動く名無し :2024/01/10(水) 07:16:16.15 ID:eyGkaVWo0
    悪夢の始まり

    【松本人志「ヒカル君すごいな!またコラボしてや」→この未来ありえる?】の続きを読む

    このページのトップヘ