日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    喧嘩


    19941994 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年。平成6。 この項目では、国際的な視点に基づいた1994について記載する。 干支:甲戌(きのえ いぬ) 日本(月日は一致) 平成6 皇紀2654 大韓民国(月日は一致) 檀紀4327 中華民国(月日は一致)…
    32キロバイト (3,650 語) - 2024年1月16日 (火) 10:07

    (出典 eureka-biz.com)


    まだCDが小さかった頃かな

    1 冬月記者 ★ :2024/02/18(日) 00:21:06.22 ID:SbtMTQoT9
    ミスチル、小室、ビーイング、SMAP覚醒から桑田vs長渕のケンカまで…Jポップは1994年に「絶頂」を極めた。


     今から30年前、1994年の日本レコード大賞は、Mr.Childrenの「innocent world」が受賞した。

     彼らが次作「Tomorrow never knows」のMV撮影のため授賞式を欠席したことで、レコ大にとっては黒歴史になってしまったが、評価としては至極真っ当だった。

     「innocent world」はオリコンシングルセールスランキングにおいて、この年度の1位作品であり、Jポップが絶頂を極めたこの年を象徴するものでもあったからだ。

     なぜ、この年、Jポップが絶頂を極めたといえるのか。それはこの記事が進むうちに、わかっていただけるだろう。

     ミスチルは前作「CROSS ROAD」でブレイク。桜井和寿がこれを書き上げたとき、「遂に100万枚セールスする曲が出来た!」と叫んだというエピソードもある作品だ。

     実際、この予言は的中。そこから96年の「花 -Mémento-Mori-」まで、ミスチルは8作連続でミリオンセラーのシングルを出し続けた。

     桜井が「100万枚」にこだわったのは、当時、大ヒットの基準がそれだったからでもある。

     バブル景気は90年に崩壊したとはいえ、すぐに打撃を受けたのは銀行や商社、ゼネコン、不動産の関係者。日本人の多くはまだまだ裕福で、気持ちも浮かれ気味だった。おかげで90年代の音楽シーンは、CDバブルとでもいうべき状況となったのだ。

     桜井のほかにも、この年、ミリオンセラーを初体験した大物がいる。小室哲哉だ。

     年間3位となった「恋しさと せつなさと 心強さと」(篠原涼子 with t.komuro)をはじめ、計3作のミリオンを達成(残り2作は、trf)。ここから小室ブームが始まり、翌年からは小室プロデュース作品がレコ大を4連覇することになる。

     なお、オリコンのデータでは、84年から89年まで、ミリオンセラーは途絶えていた。90年に久々の100万枚超えを果たしたのが「おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズ)。いわゆるビーイング系のユニットだ。

     ビーイングはCDバブルの火付け役でもあり、翌年以降、B'zや大黒摩季、ZARD、WANDS、DEENなどでミリオンセラーを量産していく。94年もその勢いは健在で、4作で百万枚超えを達成。ミスチル、小室、ビーイングだけで9作のミリオンが生まれたこの年は、トータル18作というミリオンラッシュとなった。


     ちなみに、翌年と翌々年の作品数はこれをさらに上回るわけだが、筆者が94年こそJポップの絶頂期と見るのは、達成したアーティストの顔ぶれにバランスのよさを感じるからだ。

     広瀬香美や福山雅治といった当時の若手がいる一方で、中山美穂や藤井フミヤのような80年代アイドルも健闘している。また、藤谷美和子・大内義昭によるデュエットソング「愛が生まれた日」も100万枚超え。作詞は秋元康だ。

     さらに、松任谷由実、中島みゆき、CHAGE&ASKAといった70年代から活躍する人たちも健在ぶりを示した。これはJポップが誕生した経緯を考えても、なかなか興味深い。

     というのも、70年代にフォークやロック、ニューミュージック、シティポップなどと呼ばれていたものが「新時代の歌謡曲」としてひとまとめに進化(? )したのがJポップだとするなら、ユーミンやみゆき、チャゲアスはまさにその流れを象徴する人たちだからだ。

     この人たちは80年代、松田聖子や柏原芳恵、光GENJIといったアイドルへの作品提供でも結果を残した。いわば、アイドルという実験場において、歌謡曲的なヒット手法を学んだことが90年代でのさらなる成功につながるわけだ。

     また、このようなジャンルを超えた異種交配のようなコラボが繰り返されるうち、細かいジャンル分けは無意味化していった。その結果「Jポップ」という大ざっぱだが便利な呼び方が生まれ、定着していくのである。

    続きはリンク先
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ab8a21cf257fbe6097140ec29a3c3206f674f05?page=1

    【絶頂を極めた1994年のJーPOP  SMAP覚醒から桑田vs長渕のケンカ、ミスチル、小室】の続きを読む


    GACKT (ガクトからのリダイレクト)
    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県生まれ。沖縄県出身。本名:大城 ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本の個人マネジメント事務所は合同会社VENUS…
    88キロバイト (8,222 語) - 2024年2月4日 (日) 00:48

    (出典 encount.press)


    少しわかりにくいですね・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2024/02/11(日) 15:48:42.30 ID:0oDfdmak9
    スポニチ2024年2月11日 15:46
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/11/kiji/20240211s00041000333000c.html

     歌手・GACKT(50)が11日までに更新されたYouTubeチャンネル「DROPOUT ドロップアウトした冒険者たち」にゲスト出演し、あの大物ミュージシャンの楽屋に怒鳴りこんだ過去について明かす場面があった。

     「SUGIZOさんとケンカしてませんでしたっけ?」と直球質問を投げかけられたGACKTは「ふはは」と苦笑しながら“事件”を振り返る。GACKTがあるイベントに出演した際、出番前にメンバーと気合入れをしていたところ、隣にあったSUGIZOの楽屋から「うるせぇ!バカ野郎」と言う声が聞こえてきたという。

     SUGIZOのことを「めちゃくちゃ尊敬していた先輩」というが、この罵声を受けGACKTは単身で楽屋に乗り込んだそう。「“ぶっ飛ばすぞ、この野郎!”ってドアを蹴飛ばして入って行って」といい「そしたらSUGIZOが本を読んでて“え?”って顔をしたんだよ。僕もアレって思ったんだけど止められなくて。“この野郎!”って言ったら、SUGIZOも“なんだこの野郎!”って言って、ぐっちゃぐちゃに」と“乱闘”騒ぎになってしまったという。

     「後々聞いたんだけど、SUGIZOはただ本を読んでいて、サポートメンバー全員がそれを言ってたんだって。そこで偉い人に“SUGIZOが言ってなかったとしてもトップの責任じゃないの?”って言って。ただ、蹴とばして楽屋に入ったのは申し訳ない」と笑いながら、現在は和解し良好な関係であると話していた。

    【GACKTさん 超大物の楽屋に怒鳴りこんでいた過去を告白・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ