日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    ラーメン


    自動券売(じどうけんばいき、英: ticket machine、あるいはticket vending machine (TVM))とは、券類を売る自動販売のこと。「券」類、つまり切符やチケット類、具体的には乗車券・特別急行券・乗船券・航空券・入場券・食券・入浴券などを自動で売る事ができる機械のこと。…
    44キロバイト (6,710 語) - 2024年1月1日 (月) 23:13

    (出典 kenbaiki.jp)


    ある程度補助はほしいですね・・・

    1 蚤の市 ★ :2024/02/25(日) 09:01:02.66 ID:YiO/yvYE9
     7月の新紙幣発行まで5カ月を切り、飲食店などでは対応する券売機への更新に迫られている。更新には1台当たり100万円以上かかるケースが多いとされ、既に原材料の高騰に直面している個人経営の事業者からは「負担が重すぎる」と悲鳴が上がる。対策として小規模店が多い東京都葛飾区は、全国でも珍しい更新費用の補助に乗り出す。(加藤健太)
    ◆ただでさえ物価高騰で苦しいのに
     「いっぺんに100万円はしんどい。これ以上は価格に転嫁できない」。東京・亀有のラーメン店「○菅(まるすが)」のオーナー菅原哲男さん(44)が嘆く。1日70キロ使うモヤシをはじめ、材料費は1.5倍に高騰。昨秋にやむなく最大50円値上げした。それでも1杯の原価率は4割を超え「利益がほとんどない」。追い打ちをかけるように券売機の更新を余儀なくされる。
     新紙幣発行の前後は機種代が高値で推移するとみて、しばらくは券売機を更新せず、新紙幣の客には手作業で旧紙幣と交換するつもりだ。「手間がかかるが仕方ない」と不満をのみ込むように話した。棚田史人店長(45)は「偽札の事件は、ほとんど聞かない。お札の刷新は、そんなに差し迫っているのだろうか」とため息をついた。
     券売機販売大手のエルコム(大田区)によると、○菅で使っているような1000円札のみに対応した券売機は、更新に70万円。5000円札や1万円札に対応させたり、キャッシュレス決済の機能を付けたりすると、追加で各50万円かかる。多くの場合、更新費用は100万円を超えるという。
    ◆自治体の補助制度もでき始めた
     更新を後押ししようと葛飾区は2月、更新にかかる費用の半額を、30万円を上限に補助する方針を打ち出した。新年度予算案に6600万円を計上。区は、都内で初とみる。全国では愛知県大口町が昨年9月から50万円まで補助している。
     区内には昔ながらの商店街が残る。区によると、卸・小売業のうち従業員4人以下の事業所が6割を占め、23区内で2番目に割合が高い。券売機を置く麺類などの店は約200店あり、区商工振興課の三山覚課長は「券売機の更新が滞ると客も不便。スムーズな移行を促したい」と語る。
     中小企業庁によると、インボイス(適格請求書)制度に対応した会計ソフトなどの導入に合わせて券売機も購入すると、上限20万円のIT導入補助金が使える可能性がある。活用しても、事業所は1台当たり数十万円の負担を強いられる。
     新紙幣 7月3日からデザインを一新した3種類を発行する。刷新は2004年以来20年ぶり。表の肖像は1万円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎。財務省によると、偽造防止が主な目的。大きく進歩している偽造する側の技術に対抗するため、3次元で回転して見える肖像画を世界で初めて採用する。新紙幣発行後も現行の紙幣は引き続き使える。

    東京新聞 2024年2月25日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/311247

    【このままだと1万円札が使えなくなるかも・・・】の続きを読む


    ラーメン二郎ラーメンじろう)は、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店、およびそこからのれん分けした店。 同本店の店主・創業者である山田拓美の登録商標である。 創業は1968年で、東京都目黒区の東急東横線都立大学駅近くに当初『ラーメン次郎』の名前で開店した。これは開店前年の1967年1月にエースコ…
    44キロバイト (6,098 語) - 2024年2月1日 (木) 13:27
    もう煮卵トッピングできないねぇ


    no title
    1
    シャチ ★ :2024/02/05(月) 20:40:05.31 ID:sSRIpdMG9
    2/5(月) 19:12配信 関西テレビ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb5071602abff5964c02609aacd2d7a8363fe4a0?page=1

    大好きな方がたくさんいる『ラーメン』のニュースです。実は今、倒産する店が増えています。そこにはラーメン業界特有の「壁」がありました。


    あったかいスープに、つるつるの麺。日本人の国民食とも言えるラーメン。しかし今、苦境に立たされている店が多くあります。

    兵庫県西宮市で25年以上営業を続けていた「にしのみやラーメン」。豚骨や鶏ガラのスープに海老エキスを加え、白菜がたっぷり入ったあっさり系のラーメンが名物で、長年、地元の人たちに愛されてきました。

    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「カウンターどうぞ~」

    【15年来の常連客】(Qどのくらいの頻度で?)「週1くらいでしょうかね。食べ応えといいますか、味はもちろんなんですけど」

    【15年来の常連客】「スープが特徴的なので、とんこつラーメンとかみそラーメンでもなくて、『にしのみやラーメン』っていうジャンルで成り立ってる」

    しかし、1月末に店を閉めることを決めました。


    一番の要因となったのが「物価高」です。

    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「スーパーでも買い物されたら値段上がってるのは感じられると思うんですけど、僕ら店はスーパーよりも安く仕入れてきてたもので、スーパーが1.5倍になってるところを僕らは2倍になってたりするところもあるので」

    オーナーの秦さんによると、チャーシューに使う輸入物の肉が、5年前は1キロ当たり約600円だったのに対し、2023年末には約900円にまで値上がりしたと言います。

    さらに…
    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「『1000円の壁』っていうところですかね。やっぱり」


    ラーメン業界で叫ばれる「1000円の壁」。この店では、物価の上昇に伴い、値上げすることもありましたが、1000円を超えると客離れにつながるのではと、全てのラーメンを1000円以下で提供していました。しかし度重なる物価の上昇で、値上げも限界を迎え、店を閉める判断をしました。

    こうした影響などで閉店する店は多く、東京商工リサーチによると、2023年、倒産や休廃業をしたラーメン店は合わせて74件と過去最多となりました。(以下ソースで

    【1000円の壁 物価高に円安でラーメン店の倒産が過去最多・・・】の続きを読む


    山岡家(やまおかけ/やまおかや) (やまおかけ) 地下の一つ。 (やまおかけ) 南近江を発祥とする武将の家系。 (やまおかけ) 山岡鉄舟の。近世には旗本、近代には華族の子爵だった。山岡家 (子爵)を参照。 (やまおかや) 丸千代山岡家が運営するラーメンチェーン店。…
    485バイト (143 語) - 2023年9月4日 (月) 14:15

    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    まだやる人いるんだなぁ・・・

    1 おっさん友の会 ★ :2024/01/24(水) 14:33:59.23 ID:rjXPoRD49
    《またこれか……》
    《いい加減にしてほしい》

    1年前に回転寿司チェーン店『スシロー岐阜正木店』で起こった“醤油ペロペロ事件”などに続いて、今、世間を騒がせているのが“蓋ペロペロ男”である――。

    “被害届の提出を検討”
    「1月上旬、とあるラーメン店で、若い男性が、テーブルに置いてあるウォーターピッチャーの蓋を舐めている動画がXで拡散されました。動画内に映っている本人も撮影者も、酒を飲んで興奮していたようで、“おふざけ”のつもりだったようですが、批判が殺到してしまいました」(ネットニュース編集者、以下同)

    “特定班”たちの調査の結果、ラーメン店は、全国展開しているチェーン『ラーメン山岡家』ということが判明。

     “被害届の提出を検討”という対応で、一件落着のように見えたものの、そうはいかなかった。“特定”は迷惑行為が行われたラーメンの店舗だけでは終わらず――。

    特定班たちは、この青年のインスタグラムやXのアカウントなどを辿っていき、通っている学校を割り出しました。そこで、北海道にある美容専門学校が、彼の通っている学校として浮上したんです」
    そこからさらに議論は加速。

    「学校が運営しているFacebookのアカウントに、今回の迷惑行為を行ったと思われる青年が映った写真がありました。この騒動が起きたあと、その写真が消えていたことで、“生徒を守っているのか?”といった声もあがってしまいました」

    一連の事件について、真偽のほどを、北海道にある美容専門学校の関係者に尋ねてみると……。

    「彼はこの学校の生徒でしたが、今回の件をうけて、退学処分という形をとりました。ただ、退学した生徒のことは、あまり詳しくお話するわけにはいきません。今後の対応ですが、正直、指導うんぬんを超えたマナーの問題だと思っています。それでも、生徒たちへの注意喚起は行っていきたいです」

    続きは週刊女性prime
    2024年1月24日 7時30分
    https://www.jprime.jp/articles/-/30662?display=b

    【【画像】ラーメン山岡家“ペロペロ”男が特定され大炎上 学校は退学処分】の続きを読む


    ラーメン > 家系ラーメン 家系ラーメン(いえけいラーメン、横浜家系ラーメン)は、1974年創業の「吉村家」(神奈川県横浜市)を源流とするラーメン店の店舗群、あるいは「吉村家」に類似する濃厚な豚骨醤油ラーメンのジャンルを指す名称。 豚骨や鶏ガラから取った出汁に醤油のタレを混ぜた「豚骨醤油ベース」のス…
    13キロバイト (1,806 語) - 2023年11月23日 (木) 03:42

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    怒りたくなる気持ちはわかりますが言葉選びが大事ですね

    1 シャチ ★ :2023/12/06(水) 19:49:27.75 ID:eKf2maur9
     千葉・習志野市にある人気ラーメン店「横浜家系ラーメン 蓮」公式SNSが6日に更新され、前日の不適切な投稿を謝罪した。

     同店は5日、客が食べ残したとみられる残飯の写真を公開。「死んでください本当に そそくさと逃げるように帰るなよ 自分でよそってんだぞ 二度とくるなゴミクズが」と強い言葉で非難していた。

     この投稿は、「自分で入れて残すなんてありえない」という共感の声があがる一方、「急に体調不良になった可能性もある」という指摘もあがり、SNS上ではトレンド入りする騒動に発展していた。

     一夜明け、同店は「お騒がせしております。一連の言動で大変不快な気持ちにさせてしまい、申し訳ありません」と謝罪。「いかに無駄を無くしてお客様にたくさん食べてもらいたいかを第一に考える中で、ご飯を残されるという行為があまりにも自分の中で悲しく悔しくて、とても強い言葉を使ってしまいました」と思いを明かし、「猛反省します」と呼びかけた。
    12/6(水) 12:39配信 スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9a4928610933313905c988da6a6046d13f75d381

    2023/12/06(水) 15:42:05.13
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1701844925/

    【人気ラーメン店、謝罪 食べ残した客に「ゴミクズ」と投稿】の続きを読む


    袋麺(ふくろめん)とは、プラスチック等の袋状パッケージに封入されて販売されている即席麺類を指す、カップ出現後のレトロニム。インスタントラーメン製品が主流となっているが、焼きそば・うどん・蕎麦など、他の即席麺類を含めた呼称である。 カップとは違い、調理器具を使用した調理と、食事をするための食器が必…
    7キロバイト (1,098 語) - 2023年11月5日 (日) 14:20

    (出典 m.media-amazon.com)


    最近電子レンジで作ってます

    1 muffin ★ :2023/11/29(水) 17:08:59.26 ID:QXsO/qz99
    https://fumumu.net/460961/
    2023/11/29

    29日放送の『ラヴィット!』(TBS系)では、醤油味の市販の袋麺の品々を、超一流ラーメン職人たちが審査し、おいしかったものをランキング形式で発表。そのなかで、第1位に選ばれた商品が早くもインターネット上で話題になっています。

    同日の放送には、「らぁ麺飯田商店」の飯田将太さん、「中華そば しば田」の柴田貴史さん、「らぁ麺 すぎ本」の杉本康介さんが審査員としてVTRに出演。番組側が用意した、全国のスーパーやコンビニエンスストアで購入することができる醤油味の袋麺を試食して採点し、得点が高かった10品をランキング形式で発表しました。

    第3位は、東洋水産の「マルちゃん正麺 醤油味」で、飯田さんは「一杯としての成立感がすごい。素直な醤油ラーメン。すごくおいしかった」と評価。杉本さんは「これをインスタントでやられると脅威」であると絶賛します。

    そして第2位は、東洋水産の「マルちゃん ZUBAAAN! 背脂濃厚醤油」。

    飯田さんは「インパクトがすさまじい。濃いんですけど飽きずに食べてしまう」と話し、杉本さんも「スープと醤油が強烈なので、この熟成感のある麺がすごくスープに合っていた」と評価。柴田さんは「自然の豚の甘み、その辺を出しているので、それがすごいなと思いました」と驚いたといいます。

    そして同企画で第1位に選ばれたのは、日清食品の「これ絶対うまいやつ♪ 背脂醤油」でした。

    同商品は、醤油と鶏ガラの旨味に背脂のコク、ニンニクが効いた濃厚スープがストレート麺によく絡む、やみつきになるような味わいが特徴。

    柴田さんは「多分、女性もハマる人はガッツりハマっちゃうと思う。本当にスープが抜群においしい」と評し、飯田さんは「濃いしょっぱい醤油味がドカンっているんですけど、甘さも同時にあげてきている。麺とスープのバランスとかそういうことじゃない、超越しちゃった感じ」だと大絶賛しました。

    番組放送後、インターネット上には「これ絶対うまいやつ♪ おいしいんや! 買ってみよう」「買ったことないな…気になる」「今日買いに行こ」といった声が続々と投稿されています。なかには「これ絶対うまいやつ、豚骨も美味しくてお薦めです!」といったコメントも見受けられました。


    (出典 img.fumumu.net)

    【ラーメン職人が絶賛した袋麺ランキング 1位は・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ