日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    ラッパー


    はなかっぱ、あきやまただしによる絵本作品のシリーズ、およびそれを原作としてNHK教育テレビ→NHK Eテレで2010年3月29日より放送されているテレビアニメ。 緑豊か「やまびこ村」のかっぱ池で暮らす、頭に皿ではなく花が咲く河童のよう家族「はなかっぱ
    260キロバイト (30,559 語) - 2023年12月11日 (月) 07:13

    (出典 storage.googleapis.com)


    何がヒットするかわかりませんね

    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/12/12(火) 06:41:01.38 ID:QmXITVJD9
    2023-12-10
    ラッパーのクエヴォが来日。移動車の中で釘付けになっていたのは、アニメ『はなかっぱ』だった。(フロントロウ編集部)



    ラッパーのクエヴォが来日

     これまで「Bad and Boujee」や「Deadz」などでヒットを飛ばし、グラミー賞に2度ノミネートされたことがあるミーゴスのメンバーであり、現在はソロとして活動しているクエヴォが日本でライブを行なうために来日。

     東京公演には友人のプッシャTがサプライズで登場して会場は大盛り上がり。プライベートの方も楽しんでおり、滞在中は爆買いし、2022年に亡くなったミーゴスのテイクオフのTシャツをファンからもらう一コマもあったクエヴォ。

     そんなクエヴォが、移動車で釘づけになったものがある。それは、アニメ『はなかっぱ』。2006年から放送されている『はなかっぱ』は、緑豊かな「やまびこ村」のかっぱ池で暮らす、頭に皿ではなく花が咲く河童のような家族「はなかっぱ一家」やその仲間たちの日常を描いた物語。

     クエヴォは移動車の中で『はなかっぱ』を見ていたようで、その様子を自身のインスタグラムにアップ。ただ無言で、放送中の『はなかっぱ』を映し続けていた。

    https://front-row.jp/_ct/17671418

    【人気ラッパーさん 『はなかっぱ』に釘づけ】の続きを読む


    大麻(たいま、cannabis)は、アサ(大麻草)の花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナ(marijuana)とも。花から製造された(栽培種の花序からとった)ものをガンジャ(Ganja)、樹脂をハシシ(hashish)、チャラスと呼ぶ。吸食以外でも歴史としては古く、紀元前から用…
    161キロバイト (23,540 語) - 2023年9月21日 (木) 23:32
    全くその通りだとおもいました

    1 muffin ★ :2023/09/26(火) 23:11:10.68 ID:I5+h1B0w9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202309260000782.html
    2023年9月26日18時3分

    格闘技大会「BreakingDown」で活躍する元アウトローのカリスマ瓜田純士が26日、X(旧ツイッター)を更新。ラッパーやアーティストらが薬物取締法違反容疑などで逮捕されることの“問題”について持論を述べた。

    「CHEHON(チェホン)」の名前で活動していた人気レゲエ歌手米田洪二容疑者(39)が*取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたことがSNS上で話題になる中、瓜田は「有名ラッパーやアーティストが薬でパクられる度に決まり文句のように『薬は悪くない』『海外は合法だ』と騒ぐ奴等がいるが、問題はそこじゃない」と、薬に肯定的な一部の声に言及。

    問題点は、薬自体の良し悪しではなく、法を*て逮捕・起訴によって身柄を拘束されることにあるとし、「良い歳した大人や社会人、社会的立場のある者や、ファンが沢山いるような影響力のある奴等がある日突然、音信不通になり、全ての予定や仕事をすっ飛ばし、家族に不安を与えて、マスコミに報道されて、あらゆる機関や仕事関係者に迷惑をかけてしまう。これが『問題』であって、*の良い悪いなんてもはやどうでもいい」と私見を述べた。

    また、逮捕された有名アーティストらのファンや支持者たちが「*ぐらい良いじゃないか」と擁護することについても、「未来も将来もどうでもよくて、愛する者もいなければ守るものもなく、責任がついて回る仕事や用も何もない奴等がそれを言うなら理解できる」とした上で、「若者でバイトの1つでもしてればある日突然音信不通になり、3ヶ月近い社会不在が強いられることを『悪くない!良いじゃないか!』とか言ってるなら問題は*どうこうではなくそいつらにあるとしか思えない」と指摘。

    「*云々じゃなく、下着泥棒でも詐欺でもなんでも一緒で、逮捕されたらどんなことでも同じように逮捕~起訴~公判となる。それを『良いじゃないか!』と言ってるんだから耳を疑う」とした。

    自身についても

    続きはソースをご覧ください


    (出典 i.imgur.com)

    【瓜田純士、大麻逮捕の“問題点”に持論「耳を疑う」】の続きを読む

    このページのトップヘ