日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    ミヤネ屋


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,102 語) - 2024年3月25日 (月) 12:15

    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)


    いつ戻って来れるのか・・・

    1 冬月記者 ★ :2024/03/28(木) 16:58:04.58 ID:876NEtZJ9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/02fe72a6f30e16a247978b2ff60518baec663551

    松本人志裁判の第1回口頭弁論を「ミヤネ屋」が速報…「わずか5分ほどで終了」答弁書の2大ポイントは

     28日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、活動休止中の「ダウンタウン」松本人志が、東京地裁で「週刊文春」の出版元・文芸春秋へ名誉毀損による損害賠償約5億5000万円の慰謝料などを求めた第1回口頭弁論が同日、開かれたことを報じた。

     この日、東京地裁では一般傍聴席を求め多くの傍聴希望者が列を作った。開廷5時間前の午前9時30分からリストバンド型の整理券の配布が行われ、19席の傍聴券に対して691人が並んだ。倍率は約36倍。

     番組では三浦隆志アナが現場から「午後2時間半から始まりました口頭弁論ですが、わずか5分ほどで終了となりました。ほぼですけれども、今後のスケジュールの調整というところに終始したと思います」とリポート。

     その中で松本側から文春側に「A子さん、B子さんと言われている人たち、この2人を特定してほしいとの投げかけがありました」とし、「これに対して週刊文春側は特定しないと答えました」と説明した。

     裁判所側からも「それならそれでそのようにまた次は答えて下さい」との対応があったそうで、三浦アナは「すなわち、特定しないでそのまま進んでいくことが確認されたようです」と話した。

     また三浦アナは「文春側から答弁書というのが提出されておりまして、大きいところでいうと2つあると思います。1つは公共性と言われることと公益目的。社会に与える影響、それから公共の利害に関することで、市民の知る権利のために報じたので認められるべきだという内容が書いてありました」と説明。

     「2つめは真実と真実相当性です。文春側によりますと、複数の取材をしていると言っているんですが、これが裏付けがなるかということですね」とした。

     「さらに答弁書の中で文春側からは(松本側に対し)記事の内容のうち、どの記載を虚偽、うそだというのか、争うのか、明確化するように求めているということです」と伝えた。

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711608139/

    【松本人志裁判1回目は5分ほどで終了 一番伝えたかったことは・・・】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,109 語) - 2024年2月23日 (金) 00:36

    (出典 www.cyzo.com)


    どこまで深くみていくのか

    1 数の子 ★ :2024/02/23(金) 08:27:22.30 ID:xHm3KylF9
    弁護士の嵩原安三郎氏が22日、読売テレビ「ミヤネ屋」に出演し、ダウンタウン松本人志が週刊文春の性加害報道に関して訴えた件で自身の考えを示した。

     松本側は文春報道に「客観的証拠がない」などと主張して名誉毀損による損害賠償を請求しているが、同誌は本日発売の誌面で「客観的証拠は吟味した」と反論。その一部として、一連の報道のきっかけとなった松本から性加害を受けたと主張するA子さんの証言内容の調査などを報告した。

     文春が主張したのは「A子さんは松本さんの私的に使用する携帯電話の番号を知っていた」「現場となったホテルの部屋を事前情報なしで間取りを描いてもらうとともに実況見分をした」「スピードワゴン小沢や放送作家ら飲み会に参加したメンバーと松本との関係性も調査し、証言の信ぴょう性を確認した」などの内容。これについて嵩原弁護士は「正直、裏付け証拠がこれだけのわけがないと思っています。もしこれだけなら問題です」と私見を述べた。

     「裁判はけっこう細かく分析するんです」と前置きした嵩原弁護士は、文春が報道した反論について具体的に解説。「例えば部屋の間取りについて。これでわかるのはこの部屋の間取りをA子さんは知っているということだけです。携帯についても、松本さんと直接会った、もしくは松本さんの携帯を知っている人をA子さんは知っているということが分かったということ」と指摘した。

     ただ、これらの積み重ねによって「A子さんが松本さんとホテルでのパーティーで一緒にいたということは認定される可能性はあります。問題はその後。性行為があったのか強制があったのか。これらの反論はその入り口にすぎない」と語った。そのうえで「まさかこれだけでA子さんが正しいと言ってるわけはない。この後、出てこないとおかしい。文春にも“これで性行為や強制があったことを認定した”というものが何かあると思います。第何弾とかもあるのではないのでしょうか?」と推察した。

     争点になる可能性がある「客観的証拠」について、嵩原弁護士は「映像、写真、音声など人の主観が入り込まず変化することがないもの。人の記憶は曖昧で変化する可能性があるので、供述や証言は客観的証拠にはならない」と定義。ただ、かなりの年月が経っており、また密室の出来事のため客観的証拠を提出できる可能性が低い場合も考えられる。その点について「何より一番大きいのは女性の証言です。松本さんの代理人からあれこれ言われるわけですが、それを乗り切れるかどうか。そこが裁判で一番大きいと思います」と話していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/22/kiji/20240222s00041000416000c.html

    前スレ
    松本人志への文春反論記事 嵩原安三郎弁護士「裏付け証拠これだけなら問題。第何弾あるのでは?」 [数の子★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708594356/

    【松本人志に対する文春反論記事は強いのか・・・「裏付け証拠これだけなら問題。」】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,080 語) - 2024年2月17日 (土) 11:31

    (出典 encount.press)


    こわいこわい・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2024/02/20(火) 19:49:43.78 ID:PcagDzap9
    デイリー
    2/20
    https://www.daily.co.jp/gossip/2024/02/20/0017349751.shtml

     弁護士の亀井正貴氏と三輪記子氏が20日、日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、後1・55)に出演。ダウンタウン・松本人志による文芸春秋などに対する訴訟について解説し、「文春をナメるとこういう目に遭う」などと指摘した。

     番組では、文芸春秋に届いた訴状の内容を紹介。亀井弁護士は松本サイドの行動について「裁判は得策ではなかったというのが私の見解で、その上で世間に対してはメリハリのきいたコメントを出す、記者会見を受けるというのが私の基本的な見解」とした。

     三輪弁護士も「吉本興業が『当該事実は一切なく』っていうようなリリースを出したりして、こういうことが出たときに、調査を尽くすっていう、『昔のことだし、突撃された時にはきちんとお答えできなかったけど、時間をかけてこれから調査します』ということで、実際に調査をして、そこから対応を考える、で私も良かったと思うんですよ」と、吉本興業の対応に疑問を示した。

     その上で「いきなり文春に対しての名誉毀損の訴訟ってなると、被害を訴えた女性が、実際、全部が本当って言ってることじゃないけど、ただ一般論として、性的に加害を受けたっていう風に思った時にすぐに被害を認識したりするのも非常に難しいんですよね」と主張。「それをましてや、言うっていうのはもっと難しい。被害を訴えた女性たちがちょっと置き去りになる形になってるのも、ちょっと残念な気はするんですよね」とし、「やっぱり会社なりが、ちゃんとその調査を尽くした上で対応していくっていう法廷外での解決方法はあったと思います」と持論を展開した。

     亀井弁護士はさらに「吉本興業側は、文春をナメたんだと思うんですよ」と推察。「今の段階で文春をナメたら、こういう目に遭うわけですよね。だから、それなりの取材をある程度やってるということを想定した上で、松本さん側からヒアリングした上で事実関係を固めた上で会見しなければいけない」と語った。

     三輪弁護士も「吉本興業が初手で間違って、でも結局は事実調査しますっていう風になりましたよね。で、もし本当に文春側の対応をもしナメてかかってたんだったとしたら、なぜそういう風にナメてかかってしまったのか、ある意味、タレントさんを守れなかったわけだから、どうして守れなかったのか?っていうことも合わせて検証されるべきなんじゃないかなと私は思います」と持論を展開した。

    【「文春をナメるとこういう目に遭う」ミヤネ屋出演弁護士が松本人志側に指摘】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
    119キロバイト (16,060 語) - 2024年2月5日 (月) 12:20

    (出典 cdn.asagei.com)


    性の被害なのか行為なのか

    1 muffin ★ :2024/02/06(火) 20:53:03.37 ID:BW65YAYV9
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202402060001220.html
    2024年2月6日18時45分

    弁護士でコメンテーター野村修也氏が6日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜午後1時55分)に出演。お笑いコンビ、クロスバー直撃の渡邊センス(39)がダウンタウン松本人志(60)に女性を“上納”したとする一部報道にあらためて反論していることについてコメントした。

    渡邉はYouTubeチャンネルで「~これがあの日の出来事~」と題した動画で、松本との飲み会に参加したことを写真週刊誌「FRIDAY」に証言した自身の友人とされるA子さんとの当時のLINEでのやりとりを公開。飲み会にA子さんを誘った際の文言や、当日は自身の仕事の都合で予定時刻よりも遅れて飲み会が始まったため、終了時刻が深夜になったことなどの経緯についても説明しながら、記事に書かれた矛盾点を指摘していた。

    MCの宮根誠司が「(言っている)事実が双方違う」と話すと、野村氏は「そもそもですね。女性たちは、性被害を訴えていないんですよね。そういう事実について何の目的で報道しているのかっていうことも1つあると思うんですよ」と指摘。「名誉毀損(きそん)にならないかっていうときに、1番最初に公益性とか公共性っていう概念があって、それを報じること自体が世の中のために何かか問題を提起していくことが公益にかなうっていうことが基本必要」とし、その上で「そうじゃなければただ単に人がやった行為を説明しているだけの記事だとすれば、それは間違いがあるとかなり名誉毀損(きそん)になる危険性が高い記事だという面があるかなという気はします」と話した。

    【「そもそも女性たちは性被害を訴えていない」松本人志報道にミヤネ屋弁護士が疑問】の続きを読む

    このページのトップヘ