日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    デイリー新潮


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格となり(こ…
    50キロバイト (5,061 語) - 2024年2月19日 (月) 05:11

    (出典 sakanowa.jp)


    風向き変わってきましたかね

    1 ひかり ★ :2024/02/19(月) 20:47:00.63 ID:LQ6UT8Qz9
     性加害疑惑で刑事告訴されているサッカー日本代表FW伊東純也(30=スタッド・ランス)の代理人を務める加藤博太郎弁護士らが19日、大阪地裁に相手側女性2人に対する民事訴訟を行った。提出された訴状は午前11時半過ぎに受理された。損害賠償請求額は2億243万3131円で、伊東純也に関わる金額が2億円、トレーナーに関わるものが243万3131円。

     取材に応じた加藤弁護士は「今回、アジアカップ開催中、日本のサッカー界にとって極めて大事な試合の中で、女性らが告訴を行い、週刊誌に報じさせた。本来禁止されている警察官とのやりとりを録音し、その日のうちに告訴状受理の事実を話し、報じられた。客観的、外形的に事実に基づいていない告訴が行われたと考えている」と提訴理由を説明。続けて、「報道が出てしまっただけで、社会的に抹*れる、選手生命も終わってしまうという状況にあるので、一刻も早く名誉回復する必要があった。そのため、こういった法的手段を取り、弁護団も矢面に立って発信していかざるを得なかった。こういったことがセカンド*と批判されることがあるが、そもそもファースト*がなかった」と話した。

     2月初旬に民事訴訟の意向を示しながら提訴まで時間を要したことについては「先方が提出した告訴状の女性の住所が偽物というか、そこに住んでいなかった。住民票も取れなかった。その調査のために時間を要してしまった」と補足した。

     警察での捜査は急ピッチで進行しているといい、当初は起訴か不起訴が決まるまで1年程度とみられていた捜査期間については「かなり多数の証拠を出して内容を精査してもらっている。(1年かかるということは)私たちの肌感覚ではありません」とした。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44f525f28bade610dbad6b417269abf1670d3948

    前スレ
    伊東純也側が相手側女性2人に2億円超の損害賠償請求 代理人弁護士らが大阪地裁に民事提訴 ★4 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708338745/

    【伊東純也側が女性側に億超えの損害請求 これって妥当?】の続きを読む


    『月刊バーズ』(発行:幻冬舎コミックス) - ソニー・マガジンズから取得した漫画雑誌。2018年8月号で休刊。 幻冬舎新書 幻冬舎新書ゴールド 幻冬舎文庫 幻冬舎ノベルス 経営者新書(発行:幻冬舎メディアコンサルティング) 幻冬舎ルネッサンス新書(発行:幻冬舎メディアコンサルティング) 幻冬舎ルチル文庫(発行:幻冬舎コミックス)…
    31キロバイト (4,365 語) - 2024年1月30日 (火) 20:44

    (出典 www.gentosha.co.jp)


    どこも儲かればいいみたいな感じですし・・・

    1 伝説の田中c ★ :2024/02/11(日) 19:46:55.21 ID:aUmZ6jS29
     幻冬舎の統括編集長、舘野晴彦氏が8日、「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜午後1時55分)に出演。サッカー日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)をめぐる一連の報道についてコメントした。

     伊東の報道をめぐっては、ニュースサイト「デイリー新潮」や「週刊新潮」が1日までに、伊東が過去の性加害疑惑で女性2人から刑事告訴されたなどと報道。しかし伊東側は性加害はなかったとして、虚偽告訴容疑の告訴状を大阪府警に提出する事態となっている。

     MC宮根誠司から「1つの週刊誌の報道で伊東選手が離脱する。同じ出版社としていかがですか」と聞かれ「書く側と書かれる側のリスクの釣り合いが取れてない。書く側は名誉毀損(きそん)で何百万で終わることも多々あるけど、伊東選手の場合、アジア杯にも出られなかったわけですよね。取り返しがつかないことが起こる」と切り出した。

     続けて「書く側と書かれる側の釣り合いの差がこんなにまかり通って、ある種、週刊誌がこんなに権力になってしまうのは、同じ出版社ですけど、僕は週刊誌やってないですけど、何か疑問を思いますね」とコメントした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d5283e974ab620f58276d0ae6309f7cd240e5f1

    【幻冬舎統括編集長「週刊誌がこんなに権力になってしまうのは疑問」ミヤネ屋で伊東純也さんめぐる報道に言及】の続きを読む


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格となり(こ…
    50キロバイト (4,974 語) - 2024年2月8日 (木) 06:17

    (出典 i.daily.jp)


    仮に虚偽ならどれだけの損害になるか・・・

    1 800坂 ★ :2024/02/11(日) 14:47:29.69 ID:zpF6YDJl9
    サッカー日本代表・伊東純也の“性加害疑惑”が波紋を広げている――。

    「週刊新潮」が2月1日発売号で報じたもので、伊東が昨年6月に大阪市のホテルで酒に酔った状態のA子さん、B子さんに対し、自身の専属トレーナーとともに性加害に及んだと報じた。

    女性2人は大阪府警に準強制性交罪等で刑事告訴。一方の伊東も代理人である加藤博太郎弁護士を通じて、女性2人を虚偽告訴罪で“逆告訴”した。

    その間、伊東は日本代表メンバーから離脱し、チームはアジアカップ準々決勝でイランに逆転負けを喫して大会から姿を消した。

    「タイミングがタイミングだけに、一連の疑惑を報じた新潮社や告発女性にヘイトが集まりました。伊東側の加藤弁護士がマスコミの取材に応じ、『でっち上げ』と主張していることも拍車をかけているのかもしれません」(スポーツ紙サッカー担当記者)

    週刊新潮は8日発売号では、伊東に関する続報は掲載されなかった。『ダウンダウン』松本人志で二の矢、三の矢を繰り出す“文春方式”はとらなかった。

    その代わり、ウェブ版の『デイリー新潮』で、伊東側が性行為自体は過去の代理人とのやりとりで認めており、同意の有無が争点であること、告発女性に対する誹謗中傷をやめるよう要望する記事を掲載した。

    「ここまでハレーションが大きくなるとは、新潮サイドも想定していなかったそうです。新潮記者個人への中傷も巻き起こっており、万全の準備ができるまで続報は控えたと聞いています。決して二の矢、三の矢がないわけではないそうです」(新潮関係者)

    それほどの大ごとになっているわけだが、今後危惧されるのは、刑事告訴の結果が出た時だ。法曹関係者やメディア関係者の見方では「双方、不起訴になるのではないか」という見立てが大半を占めている。

    「民事ではなく刑事ですからね……。密室かつ双方の言い分が違っている事案を、大阪府警の捜査員が白黒はっきりつけるのはなかなか難しい。

    数年前にジャーナリストの伊藤詩織さんが元テレビ局員の男性を“性加害”で告発した際も、民事では勝訴となりましたが、刑事では不起訴処分となりました。そう考えると、双方立件のハードルは高いように思います」(ワイドショー関係者)

    捜査当局は不起訴理由について公表しないことがほとんど。となると、伊東と新潮サイドがそれぞれ“勝ち名乗り”を上げることが予想される。

    だが、ここで注意しなければいけないのは、「不起訴=事実無根」ではないことだ。前述した通り、その後民事が次の舞台になる可能性もある。

    8日には日本サッカー協会の反町康治技術委員長が伊東の問題に言及。

    「この件については警察マターになるので、われわれがそれについてコメントすることはできない」

    としつつも、疑惑を招いた行動については

    「彼も一人のプロ選手として、しっかりと自分のことを律しながらやる必要があるとは個人的には思っている」

    と私見を述べた。

    フランス1部スタッド・ランスに所属する伊東は6日にチームに合流。クラブの公式Xでは練習ウエアを着た伊東の写真が掲載されている。

    「不起訴となれば、日本代表復帰も現実的な話になります。伊東の代理人は告発女性に民事で損害賠償請求すると豪語していますが、それをやると復帰が遠のく可能性もあります。依頼人(伊東)がどう考えているかでしょう」

    とは前出のスポーツ紙記者。事態はまだ予断を許さない――。

    2/11(日) 12:00配信 FRIDAY
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e06752ecc56f90a0a126db17e4fee50090f84bd

    【“二の矢がない・・・伊東純也選手に待つ捜査終了後のシナリオ・・・】の続きを読む


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格となり(こ…
    50キロバイト (4,974 語) - 2024年2月8日 (木) 06:17

    (出典 static.chunichi.co.jp)


    でもこの記事が新潮なんだよなぁ

    1 愛の戦士 ★ :2024/02/10(土) 21:00:18.15 ID:s0nnJXBM9
    【本スレッドの注意事項】
    被害者女性たちに対する売*婦、美人*、枕営*などの言葉は直球の名誉毀損、侮辱です
    ここは匿名じゃない掲示板ですが、氏名を書かなくても察知可能なら不法行為は成立します。

    デイリー新潮 2/8(木) 6:10

    弁護士は3代目
    伊東純也
    「週刊新潮」2月8日号が報じた、サッカー元日本代表の伊東純也が性加害で刑事告訴されていた件で、この数日、伊東側に立った情報を積極的に発信しているのが、現在の代理人弁護士である加藤博太郎氏だ。

     この件に関して伊東側の弁護士は加藤氏で「3代目」となる。昨年9月以降、女性らは伊東らに謝罪を求めてきたが、初代と2代目はすでに降板した。

     1月28日まで代理人を務めていた弁護士は、週刊新潮の取材に対して、「伊東氏やX氏(伊東のマネジメント担当者)と打ち合わせを重ねてきましたが、弁護方針が折り合わなかったため、代理人を辞任しました」と述べている。

     この2代目弁護士は、つい最近まで女性らとの示談交渉の席に着いてきた人物だ。

     その際、伊東側はAさんと性的な関係を持ったことについては認めていた。そのうえで、示談交渉していたのである。

     そして本来、この代理人は週刊新潮の取材に応じる意思を示していたが、その約束が実行される直前に降ろされた格好だ。

     なお、この代理人も含め、伊東側に週刊新潮は取材を申し込んできたが、伊東本人はもちろん、マネジメント担当者であるX氏らからは一度として反論、弁明はなされなかったのである。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/d1e893b28ddbba5ea5f511bb96ff04d526349f3a&preview=auto

    ★1:2024/02/08(木) 08:00
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707551910/


    【急遽登場した「第3の弁護士」伊東純也の「性加害問題」メチャクチャな理論を披露】の続きを読む


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    334キロバイト (46,716 語) - 2023年12月22日 (金) 08:29

    (出典 full-count.jp)


    いやぁ人気でしょ・・・

    1 尺アジ ★ :2023/12/23(土) 07:31:37.82 ID:TM4xlGqp9
     ドジャース・大谷翔平選手とオリックス・山本由伸選手という、MLBにおける大注目選手に関し、日本のメディアもネットも沸騰中。今後、スポーツ紙やテレビ局がこの二人に日本人番記者をつけて緻密な報道をすることでしょう。
     この報道、アメリカにかつて住んだ身からすると、恥ずかしいんですよ。何しろ、「日本人のスターを『全米が絶賛!』と報道したくて仕方がない」という状況が1995年の野茂英雄選手の渡米以降続いている。日本の選手のことを大多数の米国人が知っているかのように印象付けますが、実際は違う。

     その「知られたくない真実」をバラしたのが、在米お笑いタレントの野沢直子さん。今年8月、ラジオ番組に出演した時のこと。お笑いコンビ・ナイツの塙宣之さんが大谷選手について「『米では人気がない』と言う人がいるが、本当はすごくありますよね?」的なことを質問。すると、野沢さんは大要こう答えました。

    「人気はあるけど、米の人気スポーツはバスケとアメフトなの。野球は地味なイメージがあり、大谷さんが全米で大人気ってことではないと思います。炎上したら申し訳ありません!」

     これには思わず膝を打ちました! (ダサい表現ですね) 何しろ、この通りなのです。野沢さんの言い分の背後には以下があるのでは。
    (1)米では野球はそれほど人気がない。むしろダサくてダラダラしてつまらない競技だと思われている

    (2)米国人は大谷選手に特別な感情はない

    (3)だから「大谷選手が米でいかに偉大な人物扱いされているか」というコメントを私から取ろうとするのはちょっと困るんだけど……。

    (4)でも、そのコメントが欲しいんだったらリップサービスでやるけど……。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    12/23(土) 6:05
    デイリー新潮

    https://news.yahoo.co.jp/articles/20f7db6db665555889de5dab69e40ef56799ae75

    【大谷翔平さん 米では人気がなかった・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ