日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    サッカー日本代表


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。日本代表。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格…
    43キロバイト (4,009 語) - 2024年1月31日 (水) 07:58

    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    事実なら残念ですが・・・
    でも代表が宿泊するホテルって一般女性入れるのかな・・・
    虚報であることを祈ります・・・

    1 愛の戦士 ★ :2024/01/31(水) 18:49:01.39 ID:8bAJBBGX9
    https://www.dailyshincho.jp/article/2024/01311155/

    代表選後の“疑惑の一夜”
     カタールで開催中のアジアカップはついに決勝トーナメントへと突入。グループリーグでよもやの苦戦を強いられた日本代表が優勝をつかむには、2022年のワールドカップでチームのベスト16入りに貢献した伊東純也(30)の存在が不可欠だ。が、その伊藤が性加害疑惑で告発されていたことが分かった。

     伊東は、これまで森保ジャパンの攻撃陣をけん引し続け、圧倒的な運動量で決定機を生み出してきた。

     実は、そんな伊東に耳を疑うようなスキャンダルが浮上しているのだ。

    「パッと目が覚めた時には、伊東さんが私の上に覆い被さっている状態。部屋は暗かったのですが、伊東さんの顔が私の目の前にあるのは分かりました。その光景は、はっきり覚えています」

     23年6月21日未明、大阪・中之島にある高級ホテルのベッドで意識を失っていたという20代の女性・Aさんは「性被害」についてこう振り返る。

     Aさんや他の関係者の証言によると、この前日に大阪の「パナソニックスタジアム吹田」で行われた日本代表 VS ペルー代表の一戦を終えた後、伊東は飲食店で彼女らと合流。まもなく、Aさんたちは店外に連れ出され、そのまま伊東と共に用意されたレンタカーへと乗り込んだという。

    「女の子たちとホテルで飲むから」

    「“どこに行くんだろう、どこかのバーかな”と考えていたら、伊東さんが誰かと電話を始めて“今から女の子たちとホテルで飲むから”と言っているのが聞こえました」(A さん)

     この後、伊東が宿泊するホテルの一室で起きた出来事を、Aさんは「週刊新潮」に告白。

     伊東らにはAさんを含む二人の女性を酒に酔わせ、性的同意を得ないまま行為に及んだ疑惑が持たれる。

     ちなみに、伊東は21年11月23日に自身のインスタグラムを更新。薬指に指輪をつけた和服姿の女性との写真には、〈私事ではありますが、お付き合いしていた一般女性の方と結婚いたしました。これまで以上に努力していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。伊東純也〉とのメッセージが添えられていた。

     サッカー日本代表、それも“既婚”のスター選手による“性加害”疑惑ということになる。

    “性的同意があった”と主張
     Aさんは昨年9月以降、伊東側に謝罪を求め続け、11月に入ってからは弁護士を通じて話し合ってきた。対する伊東側は、女性との間に性的同意があったと主張し、金銭による示談を提示するとともに、示談が成立した場合の条件に「口外禁止条項」を盛り込むよう女性に迫ったという。そして、Aさんともう一人、その場にいた女性Bさんは24年1月18日、伊東の刑事告訴に踏み切ったのだ――。すでに警察は告訴状を受理し、大阪府警天満署が担当となっている。

     一連の疑惑について、「週刊新潮」編集部では伊東側に対しても取材を試みた。だが、伊東本人やマネジメント担当者からは、現在(1月31日)までに返答はない。さらに、Aさん側とのやり取りで窓口になっていた伊東側の代理人弁護士も「私は伊東氏らと弁護方針が折り合わなかったため、代理人を辞任しました」と語るのみ。

     Aさん、Bさんの証言は極めて詳細だ。

     果たして、現役のサッカー日本代表選手が刑事告訴されるに至った“性加害”疑惑について、今後、何らかの説明はなされるのか――。2月1日発売の「週刊新潮」では、“性加害”疑惑に関して、Aさん・Bさんや関係者の証言を掲載。大阪の高級ホテルでの“疑惑の一夜”について詳報する。

    (略)

    ★1 2024/01/31(水) 12:27:01.56
    前スレ(※スレ番修正)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706689300/

    【サッカー日本代表・伊東不純也というコメントも 性加害疑惑で警察は告訴状受理】の続きを読む


    セルジオ越後セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元プロサッカー選手。日系ブラジル人(二世)。現役時代のポジションは右ウイング。現在は、サッカー評論家・指導者。 株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役…
    18キロバイト (2,092 語) - 2023年10月19日 (木) 04:40

    (出典 www.sbrain.co.jp)


    まだリーグ戦でよかった・・・

    1 ゴアマガラ ★ :2024/01/19(金) 23:29:59.15 ID:nRwHpdNX9
    <アジアカップ(アジア杯):日本1-2イラク>◇1次リーグ◇第2戦◇19日◇カタール・ドーハ

     必死で向かってくるイラクと、迎え撃つ日本。勢いで完全に負けていたね。相手は必死だった。まるで決勝戦を戦うように、全てを出し切った。日本は、実績で相手を上回っているという気持ちからか、
    余裕というか、じっくり構えて試合に入った。勘違いだね。アジア王者でもないのに横綱相撲を取ろうとして、あまりにも安易な考えだった。

     同じパターンを100分以上も見ていると、疲れるよ。選手を入れ替えても結局やるサッカーは同じ。森保監督は複数ポジションができる選手を好むので、選手を交代しても中身が一緒だ。三笘も中村も不在。
    勢いに押されて行き詰まった時に1人で打開できる選手がいないからパス、パスで逃げようとする。これでは2枚ブロックは崩せない。

     「ドーハの悲劇」って…みんなも騒ぎすぎだよ。何年前の話? その時、まだ生まれていない選手ばかりだ。それより、アジア相手に2試合で4失点は深刻に受け止めないといけない。セットプレーからの失点が多すぎる。
    しかもゴール前に人がいながら競り負けているし、クロスの対応場面でも、相手にスペースを与え過ぎている。「絶対はね返す」必死さがないんだ。

     2位通過か。日韓戦は決勝で見たかったけれど、早く実現するかもね。まあ10連勝のプレッシャーからは解放されたわけだから、またチャレンジャーの立場に立ち返って、イラクのように必死に相手ゴールに迫る姿を思い出してほしいね。(日刊スポーツ評論家)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6dbb6c174b85c706a3a924895240188099521f33

    【セルジオ越後「サッカー見るの疲れた」】の続きを読む


    ^ 「徹子の部屋秘蔵ライブラリー」(2010年2月4日放送) ^ 合田道人『紅白歌合戦舞台裏』 ^ 指原莉乃、黒柳徹子のド直球質問に苦笑を通り越し大爆笑 ザ・テレビジョン  2019年3月26日配信 2020年12月5日閲覧 ^ a b “黒柳徹子「50年までやる」『徹子の部屋野望を語る”…
    319キロバイト (38,706 語) - 2024年1月16日 (火) 04:09

    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    なんとなく以前よりアイドルみたいな選手が減ってる気がしますね・・・

    1 ゴアマガラ ★ :2024/01/18(木) 21:01:43.15 ID:9Ynieox59
    ■アジア杯1次L唯一の地上波中継

    サッカー日本代表は19日にアジア・カップ第2戦でイラクと対戦。今大会初めてテレビ地上波で生中継されるが、視聴率次第では代表戦がテレビから消える分水嶺だ。

    アジア杯などアジアサッカー連盟が主催する試合の放映権は、スポーツ動画配信サービス「DAZN」(ダゾーン)が推定140億円以上を投じて2021年から8年契約。日本がベトナムに4―2で勝った14日の初戦は、
    国内ではDAZN独占で有料生配信され、歴代3位の視聴者数を記録した。24日のインドネシアとの第3戦もDAZN独占でテレビはなしだ。

    1次リーグ全3試合で唯一、第2戦はDAZNとのサブライセンス契約でテレビ朝日も開始30分前の午後8時から終了まで地上波で生中継する。支払った放映権料は国内で行われる代表戦の1試合2億円よりも割高なうえ、
    開局以来初の年間世帯視聴率3冠王を達成したとあって低視聴率は許されない。番宣告知にも力が入り、放送前日18日の「徹子の部屋」には日本代表・森保一監督(55)が出演する。

    合格点に設定された視聴率15%を切るようなことがあれば、せっかく歴代最強と謳われるようになった森保ジャパンが、テレビでは見られない冬の時代がやってくる。 (久保武司)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbc59fb25ff0daa9254951b39f60a72b2457dfb3

    【森保監督が「徹子の部屋」に出演 アジアカップ低視聴率回避へ!【サッカー】】の続きを読む


    国立競技場(こくりつきょうぎじょう、英: Japan National Stadium)は、 東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号に所在する陸上競技場兼球技場。独立行政法人日本スポーツ振興センターが管理・運営を行っている。 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいてはオリンピックスタジアム(英: Olympic…
    48キロバイト (5,754 語) - 2023年11月17日 (金) 17:45
    国際大会ででこぼこの芝は嫌ですね・・・

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/01/16(火) 06:19:23.22 ID:sCnwNvBP9
    2024年1月15日 18:23

    東スポWEB

     ピッチ状態の悪化が深刻化している国立競技場を巡って、サッカーファンを中心に〝ラグビー排除論〟が噴出している。

     国立は昨年からの酷使や暖冬による冬芝の根付きが悪いことも重なり、ピッチ状態が劣悪化の一途をたどっており、選手の負傷につながる懸念も高まっている。

     特に年明けから過密スケジュールに拍車がかかっており、1日のサッカー日本代表のタイ戦を皮切りに8日間で6試合を実施する酷使ぶり。その後、13日には大学ラグビー選手権決勝の帝京大―明大戦が開催されて、改めてピッチの悪さが目立った。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/289028
    続き

    【国立競技場の芝問題 サッカーファンからラグビー排除の声】の続きを読む


    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    208キロバイト (19,353 語) - 2023年12月4日 (月) 04:16

    (出典 www.jleague.jp)


    天候などの要因もあると思いますがコロナ前にだいぶ近くなってきた印象です。

    1 梵天丸 ★ :2023/12/05(火) 14:43:14.08 ID:y8PLlRdw9
    村上アシシプロサポーター・著述家・ビジネスコンサルタント
    12/5(火) 11:07

    明治安田生命Jリーグの2023年シーズンのリーグ戦日程が終了した。リーグ戦に限定した観客動員数をひとつの指標として、2023年のJリーグを振り返ってみたい。
    まずはJ1リーグの動員数を見てみよう(以下、データの出典元:J.LEAGUE Data Site、表は筆者作成)。

    J1リーグの平均観客数は2019年と比べて8.5%減

    こういったデータ分析は前年との比較を行うのが通例だが、2020年~2022年はコロナ禍による入場制限があり、前提条件が異なるため、コロナ禍の制限がなかった4年前、2019年のデータと比べる。下地グレーは2019年に所属していたカテゴリーが2023年と異なることを示している。

    J1全体では、2019年シーズンと比べて観客動員数が合計537,694人減少した。2019年はJリーグ史上最多の動員を誇ったシーズンだったが、そこからコロナ禍を経て、減少率を8.5%に食い止めたのは、十分健闘した結果と言えるのではないか?

    18クラブ中、2019年より平均観客数を増やしたのは10クラブ。上昇率トップとなる京都は新たに建設されたスタジアムの効果が絶大だったと言えるだろう。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/f5730dbb7e83ce262eda9bad1e548fe86999779d

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【【画像】2023年Jリーグの観客数をコロナ前の2019年と比較してみた】の続きを読む

    このページのトップヘ