日常と不思議でひまつぶし

主に2ch/5chをまとめています
日常で起こっている話題、不思議や都市伝説など
ひまつぶしにぴったりなスレをまとめています。
さまざまなカテゴリがあるので、お気に入りの記事を
探してみてください。

    アンケート


    分煙 (喫煙所からのリダイレクト)
    喫煙者の校長がいる)校長室や、生徒の利用することがない施設ですら禁煙にされている。大学では専用の喫煙スペースの設置も見られ、学生の利用もみられる。ただ設備費などの関係や校内関係者の意向もあり、軒下・回廊など室内と戸外の境界が曖昧な自動販売機設置場所周辺など休憩では、喫煙所
    17キロバイト (2,588 語) - 2024年2月17日 (土) 15:49

    (出典 www.ergojapan.co.jp)


    吸わない人も休めばいいのに・・・ただ臭い問題はどうにかしてほしいですね

    1 首都圏の虎 ★ :2024/02/23(金) 08:54:43.08 ID:YoBIhHfG9
    心幸ホールディングス株式会社(兵庫県尼崎市)は、このほど喫煙者と同じ部署で働いている非喫煙者の会社員107人を対象とした「タバコの喫煙と業務生産性の関連調査」の結果を発表しました。同調査によると、喫煙者のタバコ喫煙について、6割以上が「不快」と回答しました。また、不快に思う理由は「本人からタバコの臭いがするから」が最多だったそうです。

    調査は2024年1月にインターネットで実施されました。

    調査によると、同じ部署で働いている喫煙者のタバコ喫煙について、全体の60.8%が「不快に思う」(非常にそう思う29.0%、ややそう思う31.8%)と回答。「不快に思う」と答えた65人にその理由を複数回答可で答えてもらったところ、「本人からタバコの臭いがするから」(80.0%)、「タバコ休憩が黙認されているから」(43.1%)、「タバコ休憩で業務が滞るから」(38.5%)などが上位に挙げられました。

    回答者からは、「たばこ休憩が一番納得がいかない。禁煙者も同じだけの休憩が必要」「匂いが身体についており喫煙していない時も不快感がある」「社屋の玄関で堂々と吸っていて来客の印象が悪くなる」といった声が寄せられています。

    さらに、「同じ部署に喫煙者がいることで起こる職場への影響」については、「タバコの臭いにより周りの印象が悪くなること」(49.5%)、「休憩時間が不均衡になること」(43.9%)、「空気の質が落ちること」(33.6%)などが上位に並びんだほか、「周りの人の集中力が切れ、業務生産性が落ちること」(15.9%)といった回答もみられました。

    「周りの人の集中力が切れ、業務生産性が落ちること」と回答した17人に「業務生産性が落ちる場面」を聞いたところ、「タバコ休憩で連絡が取れないとき」(64.7%)、「タバコ休憩で喫煙者が席を立つとき」(64.7%)、「タバコの匂いを感じたとき」(64.7%)などが上位に挙げられました。

    全文はソースで 最終更新:2/22(木) 17:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5326bedeba8e7020c60e75c8f819f6709de84c99

    ★1 2024/02/22(木) 17:13:20.81
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1708601200/

    【たばこ休憩ってあり?なし?…非喫煙者は「不快」】の続きを読む


    趣味(しゅみ)は、以下の3つの意味を持つ。 人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。 物の持つ味わい・おもむきを指し、それを観賞しうる能力をもさす。調度品など品物を選定する場合の美意識や審美眼などに対して「趣味がよい / わるい」などと評価する時の趣味はこちらの意味である。→#美学用語の「趣味」…
    3キロバイト (388 語) - 2023年12月2日 (土) 22:43

    (出典 assets.st-note.com)


    趣味の合う人とマッチしたらいいですね

    1 おっさん友の会 ★ :2024/02/20(火) 16:21:26.07 ID:dJrncqW99
    ネクストレベルが運営するメディア「マッチングアプリ大学」が、異性の趣味のうち好印象なものとそうでないものについてのアンケート調査を実施し、結果を発表しました。

    【中略】

    また、女性が考える「好感が持てる男性の趣味」は、グルメ・食べ歩き(33.3%)が1位、料理(29.0%)が2位、映画鑑賞(28.0%)となりました。好感が持てる理由は「自分の趣味と同じ・共通点がある」が74.2%に及び、以下「興味がある分野」「何となく良い印象」と男性と同じ順に並びました。

    逆に、男性が考える「マイナスの印象がある女性の趣味」は、飲み・お酒が32.8%で最も多く、コスメが26.2%で2位、ファッション・買い物(20.5%)と続いています。理由は「自分の趣味と違う」(27.1%)、「お金が掛かりそう」(16.4%)、「興味がない」(同)となりました。

    【中略】

    女性が考える「マイナスの印象がある男性の趣味」は、パチンコ・スロットが76.3%、マージャン53.8%、飲み・お酒22.6%となり、ギャンブル要素のある趣味に多くの票が集まりました。理由は「お金が掛かりそう」が最も多く31.2%、以下「自分の趣味と違う」(15.0%)「興味がない」(15.0%)と続いています。

    続きはYahooニュース 2/20(火) 11:40配信 LASISA
    https://news.yahoo.co.jp/articles/857c20c3311fa51ce844dd2adad0a8c732d242dc

    【この趣味のやつ 女性からマイナスの印象持たれてるぞ・・・】の続きを読む


    デートする」と表現する場合もある。 オックスフォード英語辞典では、社交的または恋愛的な会う約束と定義されている。 お互いのことをより深く知ることで、交際を深めることができる。事前に立てられた計画をデートプラン、事前に計画したデートの道筋はデートコース、デートをする際に適しているとされる場所はデートスポットと呼ばれている。…
    7キロバイト (1,002 語) - 2023年12月19日 (火) 06:50


    AIに作ってもらった画像がひどい・・・

    1 首都圏の虎 ★ :2024/02/18(日) 13:40:03.25 ID:0XJx7z9w9
     “デート代は男が払うか、割り勘か”問題は、男女間でよく議論になるところ。男性が払うつもりでいても、女性が払うそぶりをまったく見せず、“払ってもらって当然”という顔をしているのを見るとシャクに障るものだ。なぜ女性はそんなにデート代をおごってもらいたがるのか。

     婚活事業を複合展開する株式会社IBJが、この1月5~9日にIBJネットワークで活動する男女2402人(男性1629人、女性773人)にアンケート調査を実施したところ、意外や、デート代は男性に全額支払ってほしいと思っている女性は35.6%。半数以上の64.4%は全額支払ってほしいと思っているわけではなかった。

     そして、全額支払ってほしい理由を見ると、女性がケチだから払いたくない、ということではないようだ。

    「男性が払うのがマナーだと思うから」という理由は4位だが、10.4%に過ぎない。それほど多くないのではないだろうか。

     3位の「デートのために服やメイク等にお金をかけているから」というのは、納得できる部分もあるだろう。男性が想像している以上に、女性はお金がかかるのだ。

     2位は「男性の方が収入が高いから」。確かに、男女間の賃金格差をみると、男性を100としたら、女性は75.2しかないのが日本の現状。「稼いでいるお金が多いのだから、割り勘じゃかえって不平等でしょ」と、女性が考えるのもわかる気はする。

     1位は「大切に思ってくれていると感じるから」。これは5位の「支払ってもらうことで愛情を感じるから」にも通じる。女性にとって、男性の払いっぷりは、自分がどれだけ大切にされているか、愛してくれているか、のバロメーターになっているようだ。

    全文はソースで 最終更新:2/18(日) 9:06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6128f2fd2fb0cc1ac7f65943841efc3f1d4c17f4

    ★1 2024/02/18(日) 09:13:09.42
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1708225301/

    【デート代を全額払って欲しい女性が3割強みたいだけど全額腹痛い男性は何人くらいだろう・・・】の続きを読む


    子供部屋おじさん(こどもべやおじさん)とは、日本のインターネットスラングで、実家の子供部屋におじさんになっても暮らす中年男性のことを指す。略して「こどおじ」ともいう。同様の状態の中年女性を指す子供部屋おばさん(略して「こどおば」)という類語がある。 2014年に2ちゃんねるで提唱された造語である。…
    12キロバイト (1,669 語) - 2024年1月25日 (木) 17:04
    各家庭におまかせしましょう

    1 ぐれ ★ :2024/02/06(火) 08:43:37.03 ID:2WK8NO9+9
    ※荒川和久独身研究家/コラムニスト/マーケティングディレクター
    2/5(月) 9:05

    結婚できないのは自立心の欠如?

    よくメディアは定期的に、「若者の恋愛離れ」や「草食化」が昨今の少子化の原因であるかのような報道をするが、当連載で何度も書いている通りそんな事実はない。

    百歩譲って、結果として恋愛しない割合が増えているとしても、それは若者の価値観が変わったからそうなったのではなく、先にそうせざるを得ない社会環境があったためであり、先に価値観が変わったのではない。

    そうした背景には、事実ではないことをさも事実であるかのように恣意的に述べる有識者がいるからでもある。

    同様に、未婚化の原因を「若者の自立心の欠如」のせいにしたがる有識者もいる。

    つまり、現在の未婚化は、「20~40代の独身男女の6-7割が親や親族と同居している。子どもを手元に置いておき、仕事や結婚に関してまで口を出す親が昔より増え、自立できない若者が増えている。結果、結婚しようとしない若者の“増産”につながっている」などと言うのだ。

    しかし、これは全く違う。

    親元に住む未婚者の割合

    確かに、2020年の国勢調査の段階で、実家暮らしをする未婚男女は6割程度存在する。これは正しい。しかし、だからといって、それが2020年までに急に増えていった話でない。

    2000年、2010年、2020年の20年間において、20-59歳までの親元同居する男女の割合は、それぞれ59.6%、59.5%、60.5%であり、多少2020年は上昇しているもののたいした違いはない。

    具体的に、各年齢における親元未婚率を上記の20年間の推移で表したのが以下のグラフである。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/0933753a80fa90fdcb8968de935dbedddb32bff5

    【子ども部屋おじさんという生贄理論 社会環境が原因か】の続きを読む


    習い事とは、一般的に幼稚園・保育園児から中学生までを対象にしたもので、主に学問・スポーツや楽器などがあげられる。 習い事(ならいごと) 稽古 塾 習事(ならいごと) 習事 - 茶道の修道課程のひとつ。「小習」とも。 手習い 子供の習い事.net このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が…
    558バイト (127 語) - 2023年5月10日 (水) 03:20

    (出典 www.shane.co.jp)


    色々な可能性がありますね

    1 muffin ★ :2024/01/28(日) 18:50:27.75 ID:5Mg+H6Iv9
    https://www.daily.co.jp/gossip/subculture/2024/01/28/0017271099.shtml
    2024.01.28

    しんげん社が運営する主婦向け情報メディア「SHUFUFU」はこのほど、子どもに習い事をさせたことがある男女200人(男性49人、女性151人)を対象に「子どもに習わせて良かった習い事」に関するアンケートを実施。その調査結果によると、1位の習い事が「体が強くなった」「授業で役立った」と圧倒的な支持を集めた。

    まず、3位には「音楽教室・ピアノ」(11.0%)がランクイン。「本人の希望でしたが、手先が器用になり、集中力も増すので」(40代女性)、「両手を違った動きで使うので、左右の脳をバランスよく鍛えられる」(50代男性)など技術そのものだけでなく、集中力や器用さといった効果を挙げる意見が寄せられた。

    2位は「英語・英会話」(14.0%)。理由を聞くと「今やグローバル化が当たり前になり、海外との交流で必要になる英語を若いうちから聞かせることによって、聞く力や話す力を身につけてほしかったから」(30代女性)、「将来の人生において何か変化があればいいなと」(30代男性)、「使う、使わないは分からないけど、習わせといて損はないから」(30代女性)、「自分が大人になってから始めて苦労したから」(60代以上男性)などの声が。グローバル化の対策や習得に苦労したという自身の経験談が寄せられた。

    栄えある1位は「スイミング・水泳」(39.0%)。「風邪をひきにくくなったのと、学校の授業で役立った」(30代女性)、「水を怖がらなくなりました」(30代女性)、「努力した分だけ結果が出るということが身をもってわかったようです」(50代女性)、「体力全般が底上げできて、以前より積極性が高くなり、明るくなった気がします」(40代女性)、「体が強くなったから」(40代男性)と2位に倍以上の差をつけた。

    全文はソースをご覧ください

    【ピアノ、英語を抑え1位が圧倒 「子どもにさせて良かった習い事」】の続きを読む

    このページのトップヘ